本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年12月21日

迷惑メール大杉

 迷惑メールの量に耐え切れなくなってきた.Thunderbirdは適切に迷惑メールと判断してくれる.自動的に削除(厳密には迷惑メールフォルダに移動)されるので気になりにくいのだが,携帯電話からサーバのメールボックスを確認するときにとてもうっとうしい.
 迷惑メールが届くようなった原因はいくつかある.学生の立場で言うのはおこがましいが,一因として研究者のリテラシーの欠如があると考えている.以下2つの事例を挙げる.

@MLの運用
 研究会などでMLを立ち上げている場合は少なくない.MLの運用不備が原因となっていることがある.私の場合,ある学会である先生と名刺を交換したのがきっかけだった.名刺交換の直後に,その先生が幹事を務めている研究会のMLに自分のメールアドレスが登録されたことを知る.私はMLに登録することを承諾した覚えはない.しかし,最初は有意義な情報を得ることができていたので削除を依頼することはなかった.また,ML登録を拒否することは失礼に当たると考えたりもした.後に知ったのだが,“このMLに登録を依頼した覚えがないのに登録されている”という人は多かったようだ.幹事の先生は良かれと思って登録したのだと思うのだが,なかには会社のメールアドレスが登録されていた人もいるようで迷惑を与えていたようだった.その意味では,ML運用に関わる考え方にも問題があったように思える.
 ある時,一通のウィルス付き迷惑メールがML経由で届いた.それをきっかけに,毎日のように迷惑メールがML経由で届くようになった.ML上でも苦情を投稿する人が増えるようになった.驚いたことに,そのMLは登録メンバー以外からの投稿も可能になっていたのである.正確な原因は分らないが,最初のメールがMLメンバーに届き,マルウェア対策不十分なコンピュータに感染した可能性がある.あるいは,最初のメールがエラーなく送信されたことを利用して,MLのアドレスがどこかに記録されたのかもしれない.その記録を使って悪意ある者やマルウェアが迷惑メールを送信したのかもしれない.

ATo:やCC:でメールが送られてくる.
 ワークショップや国際会議では,発表者向けにメールが送られてくることがある.発表時間の説明,プログラム案の配布,会場の案内などを広報するメールである.このようなメールは複数人の発表者を対象に送られてくる.このときTo:やCC:でメールが送られてくることが少なくない.当然,私は他の発表者のメールアドレスを知ることができる.逆に,私のメールアドレスが他の発表者に知られてしまうことにもなる.
 広報的な内容のメールはBCCで送るべきではなかろうか. しかし実際には,日本人の研究者でさえもTo:やCC:を使って広報的なメールを送ってくることがある.
 同じ会議で発表する仲間であるから,これ自体はそれほど気にはならない.しかし,発表者には(特に国際会議では)様々な国の研究者や学生がいる.経済的な背景を考えると,全ての研究者のコンピュータが万全にマルウェア対策されているとは考えてにくい.そう考えると,自分のアドレスが他の研究者に知られることは避けたい.マルウェアを経由することによって,自分のアドレスが悪意ある者に知られてしまう可能性があるからである.


 もちろん私自身が対策不十分だった可能性も否定できないだろう.しかし,迷惑メールが届くのは研究活動に使っているアドレスのみである.個人用途で使っているアドレスも色々なサービスに登録しているが,迷惑メールが来たことはない.
posted by みっちぃ (管理人) at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8655302

この記事へのトラックバック