本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年12月12日

小学生はどう思うのか?

 毎週水曜日フジテレビで放送されている“クイズ!ヘキサゴンU”.そのなかで,小学校で習うレベルの計算問題(応用問題)に挑戦する「脳解明クイズ」は,回答者の不可解な勘違いや間違いが飛び出して笑うどころか閉口してしまうほどだ.
 水曜日のゴールデンタイムだけに,この番組を見ている小学生は多いだろう.そこで思うのは,問題を解くことができない大人を小学生はどう思って視聴しているのかということである.
 フジテレビには“平成教育委員会”というクイズ番組もある.こちらの問題は,私立中学入試に使われるような問題が出てきて,大人にも子供にも勉強になる問題が多いように思う.そういう問題でさえも,実際に私立中学入試に挑もうとしている子供たちや,進学した学生や卒業生にとっては簡単なのかもしれない.でも,世の中が求めている平均水準以上の学力を伴う問題であるだろうから,解けない大人がいてもそれを笑う者は多くないだろうし,解けないことを深刻に思う人も少ないだろう.  しかし“クイズ!ヘキサゴンU”の「脳解明クイズ」は,応用といっても算数の教科書に出てくるような問題ではないだろうか.それを解けない大人,解けないことを笑う大人.それを見て小学生はどう思うのだろうか.
 私が危惧したいのは,問題を解くことができない大人を見て「自分も解けなくていいんだ」と小学生が勘違いしてしまうことである.「解けなくてもいい」⇒「勉強しなくてよい教科」と勘違いされてしまうと,ただでさえ数理を苦手とする子供たちが増えているだけに心配になる.一方で,「解けないとみんなに笑われる」⇒「解けないと恥ずかしい」と思うのならば,学習意欲を持たせるきっかけになるかもしれない.しかし番組があまりに面白おかしく構成されているので,そこまで思う小学生は少ないのではないだろうか.(なお,後者の場合では,問題を解けない大人の視聴者側が不快に思うことがあるかもしれない.「脳解明クイズ」の問題ではないが,私自身も司会者の(馬鹿にした)発言を不快に感じたことがある.)
 まぁ,あくまでバラエティ番組.私の考えすぎといえばその通りなのだが・・・.
カテゴリ“有害電波発信地”とは,(浅学なくせに)好き勝手言い過ぎて,その結果,自分自身の立場を悪くしかねないようなコメントを発信するためのカテゴリです.
posted by みっちぃ (管理人) at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 有害電波発信地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8115913

この記事へのトラックバック