本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2013年05月11日

4回目

 水曜日,短い時間だったが上司と話す機会があった.今回も,私のせいであるプロジェクトがうまく行かなくなったなどと言われた.ただ,話の中には時系列的に矛盾するところがあったりして,また言いがかりをつけようとしているのだな思った.まぁ,そんな関係だと私も既に割り切りが出来ているのであまりショックは感じなかった.
 話の中で,実装したシステムのソースコードなどの所有権の話が出た.所有権も何も,いままで上司と一緒にやってきたのだからそんな話に及ぶとは思ってなかった.私がソースコードの所有権を主張しているから,上司がそれを自由に使えないためプロジェクトが失敗しつつあるというのだ.まったく道理が通らない話だと思ったが,一部は他社の協力のもとで作成したものもあるし,そもそも所有権を主張してきたつもりもないので別途上司にソース一式を渡した.
 ただ,かなり違和感を覚えたのは「権利を主張されると一緒に仕事をやりにくい」という上司の発言である.この発言は何なのか?どんな組織でも立場の違いこそあれ,個々の権利というのは存在するし侵害できるものではない.拡大解釈するならば人権侵害すら擁護するような発言とも言える.もちろん今回の発言はそこまでの意図はないだろうが,もし私が一切の権利を放棄して上司に師事したとしたら,それは奴隷労働そのものと同じではないか.
posted by みっちぃ (管理人) at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67083816

この記事へのトラックバック