本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2013年04月27日

3回目の会話

 今年に入り,私の仕事への取組み方や今後の活動に関して上司と2度ほど面会し,その都度モチベーションダウンをしていたことをこのブログでも書いていたが,昨日は3回目の出来事があった.やっぱり,どうにもならないレベルに来たかな,と感じている.今回の内容は,素直に申し訳ないと思った点もあるのだが,言いがかりとしか思えないような内容も多かった.
 これまで,研究発表や論文投稿においては,共同の研究者であるから上司と随時相談して同意を得ながら進めてきた.今年1月の発表は,開催者側との連絡ミスで確かに誤った方向に行くところだったがちゃんと修正した.でも,それ以前の研究を含め,常に上司の同意を得ながら進めてきたし今後もそうするつもりである.それなのに,勝手に発表しようとしているとか,あたかも自分だけでやったように成果を主張しているとか言うのである.これを言いがかりと言わずしてなんと言うのか.そもそも,問題があるならその時点で指摘するべきでないのか.
 今回の会話で1つ分かったことは,私の現職場での仕事が,同じ職場の非技術系のスタッフでも引き継げる程度のものだと上司が認識していることである.言い換えれば,私の仕事はその程度のものとしてしか評価されていなかったのだ.そうであれば以前からの話の中で認識の違いが多いのも説明がつく.確かに,自分は技術者としては中途半端な専門性になっていて,このままでは不味いと思っているぐらいである.上司が言うように私程度の技術レベルの技術者はいくらでもいるだろうから,そうであれば早く連れて来れば良いのにと思う.その方が引継も確実に行えるだろう.
 まぁ,何れにしても,これまでの上司との会話は,上司と部下という関係を使って自身の都合の良い形で私をコントロールしたいという意図に感じてしまうのである.いわゆるパワハラというやつである.私が一言二言述べて全く受け入れられず人格否定を含む批判が一方的に続くのと同様に,もはや上司の言葉を私は素直に受け入ることができない.むしろ,今回のような会話がある度に師事しようとする私の気持ちは益々萎えていく.よって今後も関係改善なくむしろ悪化する状況が続くことになるだろう. 
 蛇足だが,かなり前から上司がこのブログを見ている可能性を感じている.そう感じる理由はいくつかある.だからといってこれまでの私の言動を撤回したいとは思わないし,今後も影響はしないだろう.
posted by みっちぃ (管理人) at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65736671

この記事へのトラックバック