本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2012年03月14日

疲れてきたのかな

 肉体的にではなく精神的に.もう頑張るのをやめようか.19日に締切の特集号のCFPがあって,これに論文を投稿するつもりでいたのだけど,先月下旬からのトラブル続きに足を引っ張られてほとんど着手できないままここまで来てしまった.事前にデータを整理したものはあるけども有効性を示せるものにはなってない.理学系とか医学系だったら採録されるかもしれないけど,やはり自分のフィールドは工学なのだ.新規性と有効性を,信頼できるデータをもって示してこそ論文になる.違う視点や数理モデルを持ってきて再分析すれば有効性を示せるデータになるかもしれない・・・.まだ何とかなると思う自分と,もう諦めたら?という自分がいる.
 自分のミスでトラブルが起こったのなら文句を言えないけど,今回の連続したトラブルはパッケージ製品のバグやら委託業者のミスが原因だから腹立たしくてしょうがいない.自分の作ったプログラムが原因ならまだしも,そういうトラブルの後片付けを自分がやらなければならないという体制もどうかと思う.
 自分の作ったプログラムが実運用で使われているという点もどうかと思う.もしプログラムに未知のバグあって,そのバグのせいで事故が起こったとしたら・・・.そう思ったら,今やっているシステムの開発と運用なんて,教務と研究の仕事の片手間で出来るような安易なものではない.そもそも,コードレビューや品質の管理を,開発した本人が一人でやっているということ自体も間違っている.
 ほんと,何のために学位を取ったのだろう.エンジニアの仕事を辞めて再進学して,その後に今の仕事をやっているわけで,システムエンジニアとしてもプログラマーとしても,11年のキャリアを積んてきたことになる.でも,そのうちの8年は一人でやってきたものばかりなので,よくない癖とか,もっと良い方法があってもそれに気づかないままになっているのも多いはず.だから,今の仕事を辞め再び専業のエンジニアとして再就職しても中途半端になってしまう気もする.
 研究者としても中途半端,エンジニアとしても中途半端.このままで良いはずがない.
posted by みっちぃ (管理人) at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54427105

この記事へのトラックバック