本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年08月11日

携帯電話事業者から早期対策を

<学校裏サイト>陰湿化深刻 いじめや脅迫、彼女の裸写真も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070811-00000056-mai-soci

 中高生がインターネット上で情報交換する「学校裏サイト」で、いじめや問題画像の流出が問題化している。「裏サイト」は学校が公的に作るサイトとは別に、生徒個人が立ち上げている掲示板で、特定の生徒の写真が張り付けられ「きもい」「死ね」「消えて」の文言が並ぶこともある。頻発する人権侵害に、親や教師たちは困惑している。【山本紀子、佐藤敬一】
 東京都内に住む19歳の少年は、私立高校3年生だった昨年、裏サイトに実名や携帯電話の番号、メールアドレスを勝手に公開され「うざい」「カンニングしている」と書き込まれた。自分の携帯電話には無言電話も数本かかり、中傷メールも1日に10通以上舞い込んだ。サイトには「いじめたい奴」として校内の数十人が実名でリストアップされ、この少年も含まれていたという。
記事より引用
 学生は携帯電話からアクセスするというのなら,携帯電話業者が率先して,子供たちのインターネットアクセスに関する“検閲”をする仕組みに踏み切るべきではないでしょうか.もともとそういうようなことが法的にできないなら,政府を含めて法制度化を進めるべきだし,保護者に承諾状を送付して検閲許可を確認するなどの強制的な制限を加えるべきに思います.
 一方で,ITproの記事で下田氏が指摘するように,子供たちに止めろといって止めるようなものではないとは思います.むやみに検閲をすると逆効果となりえる事態が生じるかもしれません.しかし,下田氏の言うように「説教ではなくリスク回避の方法を伝えていくことが、子どもの心に一番響くと思います。」と,のんきな事をいっていられる状況でしょうか.

本ブログでの関連記事
posted by みっちぃ (管理人) at 19:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4998148

この記事へのトラックバック

なぜ携帯電話事業者が動かない?
Excerpt: 「ケータイを甘く見るな」 “最強のおもちゃ”が子どもの脅威に[ITmedia] これだけ問題視されているのに,なぜ携帯電話事業者が動かないんだろう?この記事の中で下田氏は「有害情報を扱えない端末をまず..
Weblog: おきらくプログラマー
Tracked: 2007-08-29 10:26