本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年07月26日

通勤通学利用者としては・・・

その後のダイヤ改正がどうなるか心配です・・・.
東北新幹線を最高320キロ運行に、航空機との市場競争で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000105-yom-soci

JR東日本は、2010年度中に予定されている東北新幹線の青森までの延伸に伴い、新幹線の営業運転時の最高速度を、現在の時速275キロから大幅に引き上げる方針を固めた。
 新しい最高速度は時速320キロ前後になる見込みで、近く正式に決定する。
 国内の鉄道での最高営業速度は山陽新幹線でJR西日本などの一部車両が出している時速300キロで、実現すれば1997年以来の更新となる。
 現在、東北新幹線は「はやて」が東京―八戸間を最短2時間56分で結んでいる。最高速度が275キロのままの場合、走行距離が約80キロ延びる東京―新青森間の所要時間は3時間25分前後になる。JR東では最高速度の引き上げで3時間程度に抑え、航空機との輸送シェア争いを優位に進めたい考えだ。実現に向け、新型車両の開発にも着手する。
記事より引用
 2年前のダイヤ改正のとき,はやての増発で朝の時間の下りの宇都宮停車の本数が減ったように思います.車両もオール2階建てのMAXではなくなったため,すこぶる混雑します.もちろん着座することもできません.デッキ部は空調が悪く,この時期は汗をかきながら窓のない通路でひたすら目的地への到着を待つのです.
 それなのに,前回のダイヤ改正で混雑する列車の改善が進まなかったのが残念です.混雑するのですから,編成を変えるとかMAXを増やすとかしてほしかったです.ところが,おそらく所要時間の短縮のためだと思いますが,MAXを用いた編成すら減ったように思います.確かに性能のよさそうなE2系を多用した方が,鉄道会社側からすると都合がよさそうです.加速も良いでしょうし,電力効率も良いでしょうからね.(MAXは上越新幹線の方に移ったような感じでしょうか.)
 というか,東京〜宇都宮のような通勤通学路線の混雑は“放っておこう”ということになっていないでしょうか.確かに,最も利用率の多い区間の混雑を放置すれば,結果として利益率が高くなりそうです.でもそれって,お客第一のサービスを提供すべき企業としては失格ではないでしょうか.速度アップそのものに反対ではありませんが,遠方への輸送力に傾注した結果として,特定区間のサービス品質が下がっているとしたら,頻繁に使う者として残念なことです.
posted by みっちぃ (管理人) at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4823134

この記事へのトラックバック