本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2011年08月08日

これはひどい.

8日だけで70本の抗議電話 被災地マツ「大文字」使用中止
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110808-00000005-jct-soci

 京都の伝統行事・五山送り火の「大文字」に、津波で流失した岩手県陸前高田市の景勝地「高田松原」のマツの木切れを使う準備が進められていたが、放射能汚染を懸念する市民の批判が出たため中止になった。

 マツには陸前高田市で被災に遭い犠牲になった家族や友人の名前、復興へのメッセージが書かれ、400本近く集まっていた。京都市や大文字保存会などが念のため検査をしてみたが、放射能セシウムは測定されなかった。
記事より引用
 こういう記事を見るとほんとがっかりする.この記事の後半にも書かれているが『東北支援が聞いて飽きれる』.
 しっかし,放射能というものが全く理解されていない証拠だと思う.理解しようとすらしていないのではないだろうか.漠然と「キケン」とだけ思い込んでいる人が多いのだと思う.こういう人は,しかるべき人の説明があっても「わけわからん」と耳を貸すこともしないのだろう.“人から聞いてもわからないから自分で調べよう”なんてこともしないのだろうな.なんかとても残念だ.
 この騒動,政府がコメントしたってよいのでは?

2011-08-12追記
その後,
陸前高田より届いた松からセシウムを検出 京都市、使用を断念 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110812-00000546-san-soci
 京都の「五山送り火」(16日)の一つ「大文字」で岩手県陸前高田市の被災松を使う計画を中止後、大文字保存会が一転して受け入れを決めた問題で、京都市は12日、現地から届いた松から放射性セシウムが検出されたため、送り火での使用を断念すると発表した。
記事より引用
ということになった.残念な結果になったが,このような結果であれば致し方ないと思う.最初から,このように検査して論拠にしていればこんな騒動にならなかったのに.
 しっかし,検出された値は明らかに大きい値だったのだろうか.ほかの薪と比べたときに差異がなければ,陸前高田より届いた松が危険とは言えないのではないかと思うのだが.
posted by みっちぃ (管理人) at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47256235

この記事へのトラックバック