本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2011年08月07日

Shure SE315

 通勤時などの移動用として今までSONYのノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC22を使っていましたが,ラバーがヘタってきたのを機に買い替えることにしました.引き続きノイズキャンセリングヘッドホンをと思い調べてみると,どの製品も音質面では大きな期待はできないとのことなので,予算と相談のうえ選定したのがShureのSE315です.
 さすが評判通り,ノイズキャンセリングヘッドホン以上の遮音性が得られています.音質面も一気に改善しました.イヤパッドには“ソフト・フォーム・イヤパッドを使っています.耳栓のように指でパッドを潰してから装着するのですが,私の耳の穴は相当に小さいみたいで,SE315についている最小のイヤパッドでも少々キツさを感じます.取り外した時に血の巡りがよくなるのか,耳の穴が一瞬熱く感じることもあるくらい.慣れの問題なのですかねぇ〜.
 数十時間のエージングを経た後のSE315の印象は,低音から高音部までとても自然で解像感が高いこと.今までiPodに入れた楽曲はMP3の128kで何ら不満なかったのですが,SE315にしてからは192kのものとの違い感じるようになり,Jazzやクラシックなどを中心に再エンコードしました.自然といっても,トランペットやサックスなどの中領域の音がほんの気持ちだけ大きめに感じることがあります.その特性は,ヴォーカルの声をとても明瞭でのびやかな印象にしてくれます.
 ただ,何となく抜け切れない感じがあります.決して不満ではありませんが,ハイハットの緻密な感じとか,金属弦のギターの透明な感じ,ヴァイオリンの温かい中にも鋭さを感じる響きなど,高音部の表現がもう一歩ほしいと感じました.そう感じるのは,繊細な中高音と解像感で評判のあるAKGのK701を視聴したときの印象が残っているからかもしれません.
 こればかりは,シングルドライバーであるSE315に求めるのは難しいかもしれませんね.となると,SE425とかSE535が気になってきてしまいます.SE535の評判はとてもよいですよね.・・・・・4万円弱か.
posted by みっちぃ (管理人) at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47231021

この記事へのトラックバック