本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2011年06月20日

なんか病んでいる気がする

「結果的に閉め出した」=震災時の対応で、都知事に謝罪―JR東社長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110620-00000074-jij-pol

 東日本大震災の発生当日にJR東日本が駅のシャッターを閉め、帰宅困難者が渋谷駅周辺などにあふれた問題で、東京都の石原慎太郎知事と同社の清野智社長が20日、都庁内で会談した。清野社長は「駅のシャッターを閉めて、結果的にお客さまを閉め出す結果になってしまった」と謝罪。これに対し、石原知事は「公共機関なのだから、もっとしっかりやってほしい」と苦言を呈した。
記事より引用
 この記事で,JR東は「駅ごとに対策を考えて、都、市、区と協議したい」と述べており,話が前に進んでよかったと思う.自分がとても違和感を感じるのは,この記事に寄せられたコメント.ずいぶんとJR東を擁護する意見が多い.最初の3件を取り上げると(下記点数は2011-06-20 22:00頃の値)
  • 中に入れれば入れたで、駅員にイチャモンつけるバカな奴が出るし、全面的に批判できる対応ではないでしょ。(そう思う7,683点,思わない531点)
    ⇒駅員にイチャモンつけるバカな奴が出るから,JR東がシャッターを締め出すのが適切な対応だったというのか?それは違うでしょう.
  • 閉めなかったら、入ろうとする人と出ようとする人で身動きが取れなくなり 明石の歩道橋での圧死事件のような大混乱になっていたと思うが・・・。(そう思う5,857点,思わない519点)
    ⇒シャッターを閉めたせいで駅前に人だかりができ,車道へ人があふれ出した駅もある.人の流れをコントロールできなくなりかえって混乱した.それすら見て見ぬふりだったJR東の態度に問題はなかったということか.駅構内だけが平和だったらそれでよいのか?
  • 石原はわかってない。線路に降りられたら収拾つかなくなる。(そう思う4,994点,思わない446点)
    ⇒そんなの,駅構内にかかわらず踏切から線路内に簡単に入れるわけだから,駅のシャッターを閉めて締め出したのとは全く別問題.大体,みんな列車が動き出すことを期待していたのだから,かえって現状を乱す人が出たとは思えない.実際,帰宅難民が線路内を歩いて帰って問題になった報道はなかったはず.
 ほかのコメントを見ても,JR東の対応は適切だったという意見が結構多いことに違和感を覚える.この違和感がどこから来るのか.
 震災当日はいろいろなところで互いを支えようと,省庁以外にも学校や個人の商店などが休憩場所を開放したりした.あっという間にコンビニから食糧がなくなったので,自分も備蓄していたものを職場の人に分けたりしたし,仮眠が取りやすいような環境を整えたりした.災害時は,そういう支えあいの気持ちが最も大切だと思う.
 それなのに,この記事に寄せられたコメントを見ると支えあいの気持ちというのを感じない.なんか病んでないだろうか.駅構内の広さ,停車中の列車の車内,構内の自販機やトイレを解放してくれるだけでも,助かった人はたくさんいるだろう.旅行に来ていてこれから帰ろうとしていた人,子供やお年寄り,体の不自由な人など,歩いて帰れずに列車の運行再開を待つしかなかった人も沢山いたはず.そういう方々を優先して構内で保護したってよかったかもじれない.
 それなのに,混乱すること,駅員へ文句をいう人がいること,線路内に人が立ち入る人が出ることなど,おそらく全体数からいえばごく少数に対する悪い出来ことだけを取り上げてはJR東を擁護している.それが災害発生時の我々が取るべき意思決定の末路なのか.
posted by みっちぃ (管理人) at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46160411

この記事へのトラックバック