本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2011年05月10日

“マスゴミ”の周りにハエが集ったか

荒れ模様の東電会見 混乱、糾弾、オープン化の限界も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110508-00000540-san-soci

 福島第1原子力発電所について東京電力で開かれる記者会見には連日、新聞、テレビから雑誌やフリー、インターネット媒体など多くの顔ぶれが集う。民主党が進める「記者会見の開放」の影響で原則誰でも参加できるからだ。会見のネット中継など存在価値を示す媒体もある一方、会見が混乱したり、糾弾の場と化したりする場面も少なくない。

(中略)

聞き手の居丈高さが際だつ場面も少なくない。
記事より引用
 以前,東電会見に関して「マスコミの質問もずいぶんヒドイ.だからマスゴミと言われるんだ」と書いたが,今度はそのゴミのまわりにハエがたかってウルサイらしい.
 このハエどもは,何様のつもりで会見に参加しているのだろう.“重要な真実”を伝えようとしている姿勢よりも,重箱の隅をつついて,餌を見つけてはそれを大げさにすることで注目を得ようとしているだけのように見える.これまでの東電会見のいくつかの事例を見ていると,国民の代弁者なんだという意識で会見に臨んでいる記者も多いように感じる.しかし,我々国民は記者にそんなことを求めていない.国民の代弁者として期待しているのは有権者が選んだ議員であって,報道記者に期待しているのは客観的な事実を伝えることだけだ.  
posted by みっちぃ (管理人) at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45047427

この記事へのトラックバック