本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2011年03月31日

東電の肩を持つわけではないが・・・

 今日(30日)の東京電力の勝俣会長の記者会見の内容を見て,マスコミの質問もずいぶんヒドイ.だから“マスゴミ”って言われるんだよ.自覚無いの?
東電・勝俣会長会見(1)〜(9)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110330/bsd1103301606009-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110330/bsd1103301607010-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110330/bsd1103301626011-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110330/bsd1103301655012-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110330/bsd1103301709013-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110330/bsd1103301734014-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110330/bsd1103301758015-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110330/bsd1103301822016-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110330/bsd1103301844017-n1.htm

 <会見時間は2時間に及んだ。勝俣会長らは対策本部の仕事を優先するため、強引に会見を打ち切り、記者の怒号が飛び交うなか、会見場を後にした>
(9)より引用
 今多くの国民が知りたいのは,どちらかというと,直近の問題(事態を収束するまでの見通しや,周辺住民への対応,電力不足など)ではないのだろうか.そういう質問は十分に時間を取ってほしいと思うが,それ以外の話にも時間を取られて,会見が2時間に及んだなんて馬鹿馬鹿しい.もしその2時間に,原発の状況が悪化したり予定よりも改善に向けて進展したりして,会長のDecision Makingを現場が待っている状況になったら? 私だったら早く会見を切り上げて,事態の収束に集中してもらいたいと思う.
 それなのに,たとえば「自らの対応にまずさはなかったか。意思決定が遅かったのではないか」「1、3号機の爆発は避けられたのではないか」「清水社長が16日に倒れたが、トップ不在は異常だ」「損害賠償として個人の財産を回すのか」なんて質問をしたところで,今の状況で何か好転するわけでもないし,避難で苦しんでいる人たちが救われるわけでもない.
 さらには,「今回の事故によって国内のプルサーマル計画は頓挫するか。同時に六カ所村(青森県)の再処理工場も運転していないが、今後の見通しは。」「原子力の輸出は国の社会インフラの柱だったが、今回のことでどういう影響でるのか。」「東電で進めている原発の開発計画は今後も継続するのか。いったん見送りか。米国以外にも原発の売り込みを独自でやっているが、どうなるのか。」など,今後の話も事態が収束してからでよいのでは?
 挙句には,「事故当時、マスコミを引き連れて、中国へ訪問旅行に行っていたのか。旅費は東電持ちか。」「マスコミと東電の癒着について.」なんて質問もあったようだ.こんなこと,今の状況でそんなに知りたい?
 そんで,事態が収束して今後の方針が提示されたときに“あのとき言っていったことと違う.無責任だ!”とか言って,さらに非難するんだろう?そんな報道の仕方で良い記事が書けたとでも思っているんだろうか?

 それにしても,社長が入院って・・・・.ダメ企業のお手本みたいになってますね.良い子はマネしないように.
posted by みっちぃ (管理人) at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44054796

この記事へのトラックバック