本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2010年08月24日

雨か〜

 水曜日から札幌へ出張なのだが,週の後半は雨らしい・・・.また雨だよ(泣).
 思い出せば7年前,一人で北海道一周へ出かけたときも天気が悪かった.あの時は風も強く,予想よりも寒くてクルマから出れなかった.挙句は風邪をひいてしまい,しかし函館からのフェリーの時間に間に合わなくなってしまうので1日で釧路から襟裳岬を通り函館まで,栄養ドリンクを飲みながらクルマを走らせたのだ.(襟裳岬へ寄り道したのは,あの時の旅の目的地の一つだったから)距離にして600kmほどだが2/3は一般道区間だった.函館につく手前では道路が冠水するほどの大雨にあい,真っ暗な夜道を緊張しながらひたすら港を目指した.
 フェリーに乗り青森へ着いたのは夜明けの時刻だった.クルマを駐車場へ移してから仮眠をとっていると不思議なほどに体調が回復した.真夏の太陽が降り注ぎ今までの天候が嘘のようにも感じた.神隠しにあって,どこかをさまよっていたような気分だった.
 フェリーで思い出したが,このときの行きのフェリー(青森から函館行)でも旅の行く末を暗示するような出来事があった.非常に混雑していて,ようやく座るところを見つけたのは奥まった壁側のわずかなスペースだった.仮眠を取ろうとしたところ,船員から「すみません.赤ちゃんを抱えたご家族が場所を見つけられなくて困っているんです.場所をお譲りいただけないでしょうか.」と声をかけられたのだ.なぜ私なのかと思い周囲を見渡せば,ほとんどがご家族連れであったり,カップルであったり,トラックの運ちゃん同士の集まりだった.
 私のように一人で乗船していたのは少数だった.まぁ,どこかに別の場所があるだろうと思い快く譲ったものの,どこを探しても自分が仮眠をとれそうなスペースがない.結局場所を見つけられずに,トイレ前の比較的広い通路で体育座りをしながら目を閉じたのだった.もちろん,これでは仮眠をとるどころではなかった.今思えば,クルマへ戻って車内で寝るべきだった.クルマをとめてあるフロアへの階段はロープがかけられていて自由に行き来できないようになっていたが,あの状況だったら船員に文句を言われても言い返せただろう.
 このように,7年前の旅は北海道入りする前から後まで不運が重なりすぎた.それ以来,学会で3度ほど北海道へ行っているが,いずれも天候に恵まれ不運を感じるようなことは起こらなかった.果たして今回の出張はどうなるだろうか・・・.
posted by みっちぃ (管理人) at 01:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは
ブランドについてのいいサイトです
よろしくお願いします
Posted by グッチ通販 at 2010年08月30日 16:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40338427

この記事へのトラックバック