本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年05月17日

数年前のBBフォンを思い出す

 数年前,Yahoo!BBが急激に会員数を伸ばしていたころ,BBフォンの品質が良くないという状況があった.(例えばこの記事) 障害発生の理由が異なるとはいえ,今回のNTTで起きた大規模障害と昨年109月(※)の障害(例えばこの記事)は,Yahoo!BBのそれを思いださせる.しかし,数年前のYahoo!BBは今回ほど大規模ではなかった.  NTTのフレッツ窓口のTIPSによれば,三月末でひかり電話の契約者数が300万件強になったらしい.数年前,BBフォンの品質が問題になったのも300万件を越えたころ.あれから数年たって,技術やノウハウが蓄積されているというのに,NTTはBBフォンと同じようなミスを犯している.
 こういう見方もできないだろうか.ひかり電話もBBフォンも,VoIPに必要な1回線分の帯域は殆ど同じだろう.そして,両方のシステムは300万回線の契約が達成するかどうかという状況下で品質が低下した.ということは,今のひかり電話と当時のBBフォンは,同程度の能力のバックボーン及びVoIPシステムによって運用されている可能性がなかろうか.だとすると,ここにもNTTの問題があると思う.
 数年前のYahoo!BBは12〜24MbpsのADSLが中心だった.一方,今のフレッツは100Mbpsの光ファイバーのサービスを前提にしており,システムはより強固で高い処理能力を有しているべきである.それにもかかわらず,前述の仮定の通りだとすれば,明らかにNTTの設計ミスであるといえなかろうか.
 “インフラただ乗り論”がNTTを中心に巻き起こったころ,ソフトバンクの孫社長はNTTの進めるNGNについてこんなことを言っていた
われわれはすでに5年前に完全IPネットワークを構築済み。NTTはわれわれが5年前にやったことを、これから5年かけてやろうとしている
NGNに限らず,今回の大規模障害の件は,はまさにこの言葉の通りではなかろうか.

※2007-05-17 11:05訂正
カテゴリ“有害電波発信地”とは,(浅学なくせに)好き勝手言い過ぎて,その結果,自分自身の立場を悪くしかねないようなコメントを発信するためのカテゴリです.

posted by みっちぃ (管理人) at 10:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 有害電波発信地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4018967

この記事へのトラックバック

えぇ~.また?
Excerpt: NTT東西間のIP電話不通に=接続装置が故障 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000042-jij-bus_all NTT東西のひかり電話、午..
Weblog: おきらくプログラマー
Tracked: 2007-05-23 11:20