本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年05月12日

“来て”ない動画配信

自分もひろゆき氏の考えに近いかな・・・.
 素人ながら,YouTubeなどの動画配信配信サイトが今後延びるとは思えないんですよね.確かに,テレビでは流せないような衝撃的な動画があったりするので“面白い”とか“これはすごい”と思うことはあります.でも,そのような超個性的な動画は長期的に価値を認められにくいのでは・・・?と思うんです.そういうコンテンツが万人ウケするとは限らないですし.良い映画は何十年にわたって収益を上げています.
 本当に価値あるコンテンツを作ろうとすると様々なコストがかかります.そこまでして,動画投稿する人がどのくらいいるだろうかというところも疑問です.投稿がきっかけで,それがビジネス化するということはあるだろうけど,それはYouTubeなどの動画配信配信サイトがなくても(一応)できます.要は良いコンテンツへ容易に辿りつける術さえあれば,動画配信サイトのようなところに集約しておく必要もないと思うのです.
 それに,動画って結論だけを見たいときに冗長な感じがしますよね.頭出し機能を付けておけば良いかもしれませんけど,それでも不十分.私なんか,録画していたテレビ番組を1.3倍ぐらいで再生して,視聴時間を短縮することがよくあります.作者が最も表現したかった大事なチャプターを見てもらう前に,視聴者は飽きてしまうかもしれません.だから,動画って視聴する側にも(時間的なものを含めて)視聴コストがかかるんです.
 視聴コストをゼロに近づけるためには,視聴者のスケジュールの隙間時間に動画閲覧の機会を与える必要があります.そういう隙間時間に,パソコンを起動して,ネットに接続して・・・というのは少々面倒すぎます.だから,こういう動画は携帯電話向けの動画配信にシフトするほうがうまくいくような気もします.携帯端末なら高解像度で広帯域な配信は必要ないので,システムとしてのバランスがよさそうな気がします.
カテゴリ“有害電波発信地”とは,(浅学なくせに)好き勝手言い過ぎて,その結果,自分自身の立場を悪くしかねないようなコメントを発信するためのカテゴリです.
posted by みっちぃ (管理人) at 11:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 有害電波発信地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3958560

この記事へのトラックバック

ケータイ動画の人気
Excerpt: 以前,私も指摘しましたが携帯向け動画の需要はやはり多そうですね. 利用時間「ニコ動」と匹敵 ケータイ動画が10代に人気[ITmedia] これで,さらにオフライン時でも動画が見れるようになっていれば..
Weblog: おきらくプログラマー
Tracked: 2007-07-20 08:43