本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年04月14日

iSCSI Enterprise Target を CentOS5 にインストールする

 iSCSI Enterprise Target(以下IET)は現時点で0.4.14が最新である.0.4.14のREADMEを見ると「kernel version of 2.6.14 or newer」となっており,2.6.9系カーネルのCentOS4.4では使用できないことになる.そこで以前,CentOS4.4にIETをインストールする手段を述べたが,CentOS 5 のリリースにより最新バージョンをインストールできるようになった.
 インストール方法を解説したサイトやブログが既にあるので無用かもしれないが, CentOS 5にインストールする方法として,改めて手順を紹介しておくことにしよう.
 
  1. ここ(http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=108475)からソースファイルを入手する.
  2. ソースを解凍する.
    # tar xvfz iscsitarget-0.4.14.tar.gz

  3. 解凍したディレクトリに移動する.
    # cd iscsitarget-0.4.14

  4. unameコマンドを利用して,現在のカーネルのリリース情報を調べておく.
    # uname -r -m

  5. makeを実行する.その際,カーネルソースディレクトリを指定する.「uname -r -m」の実行結果が『2.6.18-8.el5 i686』の場合次のように指定して実行する.
    # make KSRC=\
    /usr/src/kernels/2.6.18-8.el5-i686/

  6. インストールを行う.先と同様にカーネルソースディレクトリを指定する.
    # make KSRC=\
    /usr/src/kernels/2.6.18-8.el5-i686/ install

  7. 無事インストールが完了すると一連の関連ファイルがインストールされる.
  8. 設定ファイル「 /etc/ietd.conf」を編集する.まず,ietd.confファイルのサンプルを/etcにコピーする.
    # cp etc/ietd.conf /etc/

    コピーしたファイル「/etc/ietd.conf」をテキストエディタを使って編集する.編集内容は別途解説予定.

  9. 編集後,「/etc/init.d/iscsi-target start」でプログラムを開始する.
    # /etc/init.d/iscsi-target start

  10. OS起動時に自動起動するようにするには次のコマンドを実行する.
    # chkconfig iscsi-target on

 次回は,ietd.conf の編集に関する情報や構築したターゲットへの接続に関する情報を記述する予定.

※筆者は本記事によるいかなる損害についても責任を負いません.あくまで自己責任でお願いします.

◇ブログランキング参加中◇ ブログランキング・にほんブログ村へ
少しでもお役に立てたようでしたら応援クリックをお願いします.右のアイコンをクリックしていただくと10ポイントが加算されてランクが上がり,より多くの方に本ブログを知っていただくことができます.クリックすると日本ブログ村のホームページが表示されます.

posted by みっちぃ (管理人) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 知恵袋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3728638

この記事へのトラックバック

temp/竹内メモ
Excerpt: ML115サーバのIPをインストールした順に記録 左から 1台目:192.168.0.181 2台目: 3台目: 4代目: ▲ ▼iSCSIターゲットのインストール http://..
Weblog: 遊ネット 技術系Wiki (PukiWiki/TrackBack 0.3)
Tracked: 2007-11-29 14:25