本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2009年11月22日

行政刷新会議「事業仕分け」評価コメントに一句一句コメントする

 事業番号3-17「次世代スーパーコンピューティング技術の推進」の仕分け作業の評価コメントにに一句一句にコメントしてみる. 個人的には予算縮小は仕方ないとしても「来年度の予算計上の見送りに限りなく近い縮減」は,この事業が軽視されすぎていると思う.プレゼンターのプレゼンがイマイチだったのかな.
  • 10ペタスパコンを開発することが自己目的化している。巨額の税金を投入して世界最高水準の スパコンを創る以上、大事なのはスパコンを生かして、どのような政策効果を出していくのかを、明確にできなければ、国費投入は無理である。
    • 物理学,化学,生物学など科学分野だけでなく,社会学,経営学などの多岐にわたる分野で コンピュータシミュレーションによる解析は有用です. つまり,あらゆる分野に適用できるコンピュータシステムです. コンピュータシミュレーションは計算能力が高いほど結果を早く導くことができ,精度も高まります. 10ペタという計算能力の数字は現時点での自己目的であるかもしれないが, 目標点のひとつにすぎません.
  • 必要最低限の予算へ見直しをする。来年度はこの開発計画を一度凍結し、計画の根本見直し をする。
    • 当分野の技術進歩は極めて早いため,開発を止めることによる損失は大きいのですがそれでよいですか? 計算能力=研究開発コストとななりませんが,このグラフ(スーパコンピュータの計算能力の進歩)を見ていただければ1年間の損失が大きいことをご理解いただけると思います.
  • 一旦総合科学技術会議なりに戻して、何を実現するために何が必要かを見直すべき。ハードの 戦いではなく、ソフトの戦いをするべき。
    • ハードありきのソフトです.
  • 総合科学技術会議への差し戻し、再検討。科学技術の必要性、重要性は理解できるが、国民 の理解には至っていない。世界一の頂のみを目指す時代ではない。
    • 技術特許は世界で最初(≒世界で“一番”最初に発明した)でなければ認められません. 特許を取得できなければ他社からその特許に関するライセンスを購入し続けなければならなくなります. その損失が非常に大きいことは論じるまでもありません.
       前述リンクが示すようにコンピュータの計算能力は急成長しています.このような状況下では,将来のハードウェア性能だけでなくソフトウェアの面での技術的な遅れも生じかねません.計算能力を世界一にすることはそれほど重要ではなく,通過点でしかありません.重要なのは,計算能力を向上させる技術を日本で生み出していくことなのです.
  • 技術は蓄積されているので、ここで計画を見直し、当初の目的に沿うようにする。抜本的変更が必要。
    • 技術は蓄積されていればよいというものではありません. 技術は進歩させていくべきものです. 進歩が止まれば損失に直結します.
  • これまでの開発費の有効利用を考えての見直し。当初目的を満足しているのか、なぜNECが撤 退したのか等の理由等を調査。立ち止まって見直しをする。世界一を目指す必要はない。
    • 何度も言いますが,技術特許は世界で最初(≒世界で“一番”最初に発明した)でなければ認められません. 特許を・・以下略
  • スパコンの国家戦略を再構築すべきである。従来の検討者以外の新しい研究者を入れて、新しい 議論を公開しながら行うべき。現状はスパコンの巨艦巨砲主義に陥っていないか。競争のルールが 変わってきている可能性はないか。世界の中での位置づけを検討すべき。おそらく日本の先端技術 についての国の形を変えるかどうかを検討することになるだろう。
    • 国家戦略が変わっても演算能力の高いコンピュータは無駄になりません.そもそも,日本全体の国家戦略って何ですか?それをたてたうえでないと,この事業仕分けも不適切になりえるのでは?
  • 戦略の見直しをじっくりやってはどうか。
    • スパコン分野に限らず,まず国家戦略を立ててください. 次世代スーパーコンピューティング技術はどんな国家戦略にも適応できます. 例えば政府が温暖化効果ガス25%を中長期期的な戦略にするならば,そのために何をすべきかを分析したり高精度にシミュレートするために利用できます.ただし,計算能力が低いと適応できなくなります. 次世代スーパーコンピューティング技術はそういった国家戦略を支えるための道具になるものです.そうであるにもかかわらず,単に計算能力の優越だけに焦点を当てて「来年度の予算計上の見送りに限りなく近い縮減」という結論はあまりに見識が狭すぎないでしょうか.
  • トヨタもF1から撤退した。苦渋かつ前向きの判断を。研究者が夢を追うだけではなく、一般人が「な るほど、巨額の税金投入の意義がある」と得心できる説明ができなければOKできない。日米共同な ども模索すべき。
    • 国家機密にかかわるシミュレーションなどを他国のコンピュータで行うのはあり得ない話ですし, 新技術にかかわる解析手段やその結果についても重要情報の流出につながりかねません. 日米共同のような「仲良くやりましょう」では,日本固有の技術や強みを育てられなくなります.
あとは,数字をもって国に示したいところですね.そこまで資料を集める能力と時間は私にはありません.もし皆さんからコメントをいただければ,こちらのメアドに投稿も検討します.

というか,「世界一を目指す必要はない」なんて,仕分け人に「世界に一つだけの花」世代がいるとは・・・.弱体化の進む日本の象徴?
カテゴリ“有害電波発信地”とは,(浅学なくせに)好き勝手言い過ぎて,その結果,自分自身の立場を悪くしかねないようなコメントを発信するためのカテゴリです.
posted by みっちぃ (管理人) at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 有害電波発信地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33793135

この記事へのトラックバック