本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2009年08月14日

860兆円もの負債を生んだ政権を評価できる?

意外な結果。
衆院選「ニコ動」世論は自民優勢
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/12/news012.html

年代別では、自民党と回答した人は20代(41.9%)と30代(39.3%)に多いという結果。民主党は年代が高くなるにつれ割合が増えた。
記事より引用
 自分も30代だけど,投票先として860兆円もの負債(総務省:国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成21年6月末現在))を生んだ政権与党を選ぶのには躊躇してしまう.無駄遣いの多い政権はもう散々である.この負債は労働者世代が負担していかなければならないわけで,その負担を我々世代に押し付けた政権を素直に評価してよいのだろうか?
 無駄遣いの傾向は,Yahoo!のトップページの広告欄にも表れている(右図).広告費がもっとも高いであろうという場所に,政党の広告を出して一生懸命アピールしている.他にお金をかけないやり方はないのであろうか?
 ただ,民主党の政策も素直に期待できる内容になっていない.金の無駄遣いを徹底的に排除するというのは大いに歓迎だが,肝心な財源の部分が明確になっていないのは余りに頼りなさ過ぎる.各論についても,高速道路の無料化などのように全く不要な政策もある.加えて,ここのところの目立ってきたマニフェストの修正は,頼りなさに追い討ちをかけている.
 私たちの世代で自民党支持が多い理由が,この“民主党の頼りなさ”から来るものであれば,私も自民党支持を考え直してもよいかもしれない.しかし,多少の頼りなさはあっても,部下を育てる上司の気持ちで,将来の成果を信じることも必要である.そういう気持ちがないと,人も,社会も,国も育たないと思うのである.
posted by みっちぃ (管理人) at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31292297

この記事へのトラックバック