本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2009年07月19日

機械式時計の誘惑

機械式時計の誘惑  再来週あたりに1人で一泊旅行に行こうと画策していたのですが,その資金源として用意していた商品券(ビューサンクスクーポン)が意外に制約の多いことに気づき,いくか行かないか尻込みしていました.行かない代わりに,何か買い物をする方法もあるなぁ〜と思っていました.といっても,特段に欲しいものはすぐ買えるような価格のものではないので,もう少し身近なんだけど満足度の大きいものは何かなぁ〜と思い,とりあえず地元の三井アウトレットパーク入間へ出かけてみました.
 ここにはSEIKOのアウトレットショップがあります.足を運んでみると,旅行の宿泊予算と同等の値段で機械式の腕時計がありました.見せてもらうとシースルーバックになっているし,文字盤も自分好みのオーソドックスでシンプルなデザイン.キャリパーは6R15というもので,グランドセイコーの9S系の精度には程遠いものでした.でも,精度を気にしだしたら普段使っている電波時計にはかなわないわけで,そう考えるとお意外に買い得かなと思いましてほぼ即決で購入に至りました.
 機械式時計はご存知の通り,動力ぜんまいの解ける力を使って秒針を動かします.秒針を高い精度で回転させるために,振り子の原理が応用されています.振り子は理論上,一定の周期で往復運動します.バネも理論上は一定の周期で伸び縮みします(これを固有振動数といいます).機械式腕時計には“てんぷ”と呼ばれる部品として髪の毛より細いぜんまいが巻かれており,このぜんまいが伸び縮みすることで一定の振動を発生させます.発生した振動を巧みに取り出して,秒針の動きを制御しています.
 なんていうことを思いながら,購入した時計のてんぷ部をマクロレンズで撮影してみました.肉眼では凝視しないと見えない細さのなのですが,ひげぜんまいがきれいに巻かれているのがわかります.ストロボを使って撮影したのに,てんわの動きはブレています.高級腕時計の高速振動のモデルではなくても,非常に早い速度で振動していることがわかります.
 ちなみに,ストロボはα700内臓のものを使っています.マクロ撮影では被写体に接近して撮影していますので,内臓フラッシュではレンズの陰になってしまいます.また,その点を無視できたとしてもストロボの強い影ができてしまい,部品の金属感は損なわれてしまいます.そこで,ごく一般的な印刷用A4用紙をレフ版代わりにしながら撮影しました.
 ...というわけで,一泊旅行はナシということになりました.ま,いっか.
写真をクリックすると拡大メニューを表示します(要Javascript).閲覧にはカラーマネジメントに対応したブラウザをお奨めします.画像ファイルサイズは約4Mバイト.
撮影データ:SONY α700,TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1,1/160秒・f8,Mモード,AWB,中央部重点測光,RAW,ISO 100,カメラ内臓フラッシュ,三脚使用.(Image Data Converter SR で現像した後にTIFF形式で保存.これをPhotoshop CS3にて開き,著作権情報等を編集後にJPEG保存したもの.)
posted by みっちぃ (管理人) at 00:18| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記
この記事へのコメント
時計修理・腕時計オーバーホール専門店【ウォッチホスピタル】(東京都千代田区神田 須田町)Webサイトでは、機械式の時計修理とクオーツ式腕時計修理の違いについてご 案内しております。
Posted by コピー時計 at 2012年12月31日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30642113

この記事へのトラックバック

機械式創作記
Excerpt: だいぶ、世に出せそうな雰囲気になってきました。 今まで制作した時計の中で、設計やら、新しい試みやらで、一番時間のかかってる機械式腕時計。 一番最初に制作したこの時計の写..
Weblog: ハンドクラフト、ハンドメイドの手作り腕時計創作記録
Tracked: 2010-06-23 15:25

機械式腕時計とデザインフェスタVOL.32のお知らせ
Excerpt: ゴシックラボラトリーのホームページではもう告知済みでしたが。 2010年11月6日(土), 7日(日) 11:00 - 19:00 、東京ビッグサイトで行われるデザインフェスタ32に出ま..
Weblog: ハンドクラフト、ハンドメイドの手作り腕時計創作記録
Tracked: 2010-07-19 23:27