本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2015年09月26日

「人工直感」を作っている感じ

 やりたいというので自分のところでも Deep Learning を学生にやらせたりしているが,自分には「人工知能」というよりは「人工直感」とでも表現したら良いだろうか,そんなものに感じる.ある問題を解決する手段として現状の Deep Learning やその延長線上にあるものが十分役立つ場合もあるので,これによってIT業界が盛り上がるのは良いことだと思う.ただそれ以上の期待を抱かせるような話題を見かけることも増えてきたような気もする.
 関連して,こんな記事も.
Deep Learningの実力と限界、人工知能のロードマップ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/466140/090900053/

 「人工知能が人類を追い越す特異点(Singularity)は来ない」「深層学習(Deep Learning)が大流行しているが、壁に突き当たる」「人工知能は、目先の技法にとらわれることなく、本来の目的に向かって進め。つまり、人工知能は人間のインテリジェンスを目指せ」──ショッキングで考えさせられる内容の講演だった。
記事より引用
 全く賛同するし,この分野を理解し,将来をしっかり見通せている人にとってはおそらく指摘されるまでもないことだろう.
posted by みっちぃ (管理人) at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164449435

この記事へのトラックバック