本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2015年06月13日

さすがに転送をやめた

 ここ一か月ほど,前職場のシステムで発生するアラートメールが毎日(というか毎晩,いや毎未明?)のように飛んでくる.前職場を離れた身としてはすでに関係ないのだが,必要と思われる引継ぎ資料は残してきたものの,(異動が決まってから実際に異動するまで半年以上あったのに)代わりの技術系担当者が決まらなかったり,他の非技術系職員への引継ぎ指示もなかったりしたので事実上引継ぎはできていない.だから,せめてもの“善意”としてアラートメールの携帯への転送を続け,本当に深刻な事態になったら力を貸しますよ,という気持ちでいたのだが,さすがにこうも毎日のように起こると正直まともな睡眠がとれない.
 そもそも,異動してから半年たった今までに当時の資料について質問がきて,資料では伝わりにくい細かな事項を伝える機会があってもよさそうだが,それがまったくと言っていいほどない.本当にあれだけの資料で問題なく回っているのだろうか.もっとも,アラートメールが繰り返し発生している時点でそれは否定されるわけだが・・・・.来た質問といえば,「××というトラブルが起こったのでどうしたらよいか」というもので,ならば「○○の資料に書いてありますよ」で完結するようなものばかり.私が作った資料を見てないのは明らかだし,だいたいトラブルが起こった時ではなく事前に担当者が質問してくるべき内容だろう.
 半年もたてばシステム構成が変わっていたりすることもあるだろう.それを知らずに対応すれば悪影響を及ぼす可能性もある.そもそも部外者である自分が何か手を加えることはもはやできない.本当に深刻な事態があれば電話がかかってくるだろう.そんなわけで携帯へアラートメールを転送するのはやめることにした.
 それに,正直いってかなりの内容を忘れ始めている.仮に資料に記述していないことがあれば,ソースや実機をを見ないと思い出せないかもしれない.そうならないように資料化したつもりだが,なんにせよ同じ立場で働いていた技術者は私だけなので作成した資料を同じ目線で一緒にレビューしてくれる人はいなかったし,前述のように資料を受け取った側も受け取るだけで目を通していない状況では,自信を持って資料の完璧さを主張することはできないのが本音である.作成した資料自体もその役割を失っていると言えるだろう.
 とはいえ,本当に深刻なことが起こったとき,それこそニュース沙汰のような大きな障害が起こったとき,そのずさんな運用の責任が私に及ぶことはあるのだろうか.私を無能だと言って追い出したのは前上司だし,異動が決まってから半年もの期間にまともな引継ぎ体制をつくらなかったのも前上司である.前上司がいうように私以上に有能な技術者が沢山いるのであれば引継ぎ体制を作ることは容易なことだったはずだ.
 しっかしほんと残念だ。その業界では日本国内でも有数の規模の組織で、その情報システムも当時としてはそれなりに立派なものだったと思う。しかし一方で、企画から運用に至るまでのそれぞれの手法やその先を踏まえたIT戦略の考え方があまりに特異だった。特異であってもそれが優れていればよいが、本質的なところで中身が空っぽで、むしろ私には、流行り出した技術をその業界内でいかに早く採用して目立つことができるか、にあったように思えた。潤沢に資金があればこれも戦術としては悪くないと思う。ITベンダとしても新技術を新しい業界へ広めるきっかけになると思うから、無理な条件下で高リスクであっても付き合ってくれる。しかしその後が続かないわけだ。もしベンダーが次システムで前システムより高額な金額を提示しようものなら、それをボッタクリだと言って即出禁になるだろう。出禁になったベンダーは萎縮してしまい離れていってしまう。新しい提案すら持ってこなくなる。新システムに移行する場合は現システムのベンダの協力も必要になるが、出禁にしてしまった以上それもできない。そういうことを繰り返しているようにも思えた。戦略としては明らかに失敗だ。
posted by みっちぃ (管理人) at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ごめん今さら読んだ。これは… そのうち飲みに行く時の酒の肴でありんすな…(^-^;;;;
Posted by T.MURACHI at 2015年08月06日 15:47
T.MURACHIさん、コメントありがとうございます。どちらというと、プロジェクト完了とかの一区切りでうまい酒が飲みたいですなぁ。お呼びいただければ東京まで出ますのでお声かけ下さい。
Posted by みっちぃ(管理人) at 2015年08月06日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/140277297

この記事へのトラックバック