本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2014年08月23日

私は寄付しないと思う

 厚生労働省の平成24年の特定疾患医療受給者証交付数では9096人のALS患者が日本にいるという。日本人口を1億人とし、世界人口70億人とすると全世界のALS患者を大雑把に見積もると約60万人強といったところか。
 認知度を高めることはいいことだと最初は思ったけど、やっぱりアイス・バケツ・チャレンジはあまり良い活動だと思わない。他にも難病はあるし、そもそも全世界には年間660万人の子どもが5歳の誕生日を迎えられず、その約半分が栄養不足に関わる理由により亡くなっている。アイス・バケツ・チャレンジで無駄に扱われたかもしれない安全な水でさえ、飲むことができない人だって全世界に約7億5,000万人もいる
 本ブログでは広告収益をユニセフなど慈善事業へ寄付して来た。この現実を改めてふまえると、ALSなど難病で苦しんでおられる方々には申し訳ないと思うが、私はより多くの人々を助けられほうへ寄付したいと思う。だから、もしアイス・バケツ・チャレンジの指名が回って来ても自分はやらないし寄付もしないだろう。それは人道に反することではないはずだ。
 それに、これは蛇足だけども、個人的には医療の慈善性に疑念がある点も書いておきたい。難病の解決を心から望み、その治療法を確立しようと日々努力されている方々がいるのは知っている。しかし、それを利用して利益を上げようと目論む者もいる。
 例えば「ALS 治療」で検索して上位に出てくるサイトは、丁寧で具体的で、ALS治療に関わる医療者も出て来たりして一見患者サイドに立っているように見えるが、このサイトのスポンサーはALSの病勢進展を抑制する薬剤を製造している製薬会社のようだ。製薬会社がスポンサーになっている目的はもはや明白であろう。
posted by みっちぃ (管理人) at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102678279

この記事へのトラックバック