本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2015年10月30日

なんか残念〜東京モーターショー2015の日産

 外国車に浮気してしまった身だけど,いずれ国産車に戻るときには日産だと決めている.ずっと日産ファンだったからね.でも,ここ数年,ずっと日産には期待を裏切られてしまっていてさすがに愛想が尽きそう.
 今回のモーターショーも2年前と比べてどうだろう.右上が2年前の東京モーターショ2013での出典車両,下が今年の展示車(コンセプトカーを除く).いずれも日産のホームページで公開されている内容だ(2013年2015年
 どうだろう.新しく登場した車種やフルモデルチェンジした車種が1つもないのはいくらなんでも淋しすぎないだろうか.そもそも,2014年2月のDAYZ ROOXの発表以来の1年半以上もの間,車種追加やマイナーチェンジの話題はあっても新型車の国内投入がない.だからこそ,今回のモーターショーでは新しいニュースを期待していたのだけども,どうやらサプライズはないようだ.海外に目を向ければ,ムラーノとか,ラニアとか,パルサーとか新型車がすでに販売している.リーフだって本気でこの分野の開拓を狙っているなら,フルモデルチェンジするぐらいの勢いがあったっていいのでは?と思う.大きな期待が集まったNMKVの軽は2車種を世に送り出したのみ.それどころか,次期型軽自動車開発は先日になってようやく三菱自動車と同意をしたらしい.え?2発で球切れだったの?
 将来を見つめ,新しいコンセプトを提案していくことはとても大事だと思う.ただ,コンセプトを提案することよりも,それを具体化して実現していくことの方が難しい.実際,2013年のIDxやBladeGlider,Mobility Conceptで提案された概念は,今回の出典車や今の日産のクルマ作りのどこに受け継がれているのだろう.コンセプトの一貫性も必要だ.それこそがブランド力を生むのだと思う.では,今年のコンセプトは2013年のそれと比べてどうだろうか・・・・?
 個人的にはQX30の国内販売に期待しているんだけどな・・・.
posted by みっちぃ (管理人) at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記