本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2015年07月16日

主張を正当化する口実を与えてしまった

 大変残念なことに安保関連法案がこのまま国会で可決されそうな状況だ.まぁ,今の政権を選んだのは国民なのだ.仕方がない.嫌だったら選挙の時に他の政党に票を投じるべきだったし,そもそも自民党がこういう政党であることは前々から分かっていたことだ.
 さて,今回の政府のやり方は,領有権を不当に主張している隣国やISILのようなテロ組織に対して,主張を正当化するための口実を与えてしまった可能性があるという点で戦略的に大変な誤りを犯したと思う.
 どういうことかというと,今回の安保関連の議論で「法は自らの都合のいいように解釈してよい」ということを事実上正当化してしまったため,明らかに不当であっても「我々の法解釈はこうだ」と相手が主張すれば,それに対して政府は強く非難できる立場でなくなってしまったのだ.日本が「国際法上の権利の侵害だ」と主張しても,相手が「いえいえ,我々の国際法の解釈に基づけば正当です.日本は自国の基本法ですら都合に合わせて解釈を変えていますよね?我々に法の解釈について批判できる立場ですか?」と.
 もともと法なんてものはそういう程度のものかも知れない.ただ,今回は憲法に対して行ったという点で非常に影響が大きい.憲法の存在意義を政府自ら壊したと言っても過言ではないのでは.
posted by みっちぃ (管理人) at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記