本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2014年11月27日

Safari to go

むむむぅ〜。
「Human Factors in Software Development and Design」は日本のAmazonで現在24,908円。うむぅ〜、高い。
というわけで、「Safari to Go」でとりあえず目を通すことに。本当に必要になったら買うしかないかな。
posted by みっちぃ (管理人) at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月22日

Googleドライブの共有でトラブル

 Googleドライブの共有設定でヒヤリとする事案に遭遇.一般ユーザが意図しないうちにファイルを公開してしまったという事案が度々発生する理由がわかる気がする.Googleには早急に見直しをお願いしたいところだ.
 今回,iPad上のiOS版Googleドライブアプリの画面上で,あるフォルダの「リンクの共有」をオンにした.画面には「リンクの共有がオンです」「リンクを知っている誰でも閲覧可能」と表示されている.リンクを知っていればアクセスできる状態,すなわち「リンクを知っている全員が閲覧可」という設定になったと解釈できる.
 一方,PC上でWeb版のGoogleドライブ画面で該当フォルダの共有設定を確認すると,「リンクの共有がオン」「インターネット上の誰でも検索,閲覧可」となっていた.「リンクを知っている全員が閲覧可」という設定でさえ安全な状態ではないが,「インターネット上の誰でも検索,閲覧可」状態になってしまうと検索によって該当フォルダにアクセスされる可能性は増えるのでセキュリティレベルは下がる.すなわち,意図していたよりも広範囲に公開してしまったことになるわけだ.
 この仕様はいかがなものだろう.iOS版の画面上の標記を変更するか,同手順による操作の際には「リンクを知っている全員が閲覧可」が設定されるように仕様変更すべきでないだろうか.というわけで,フィードバックに当コメントを送ってみた.
posted by みっちぃ (管理人) at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月18日

遂に登場〜正方形のディスプレイ

 7年前に本ブログの記事としても記載していたが,ついに正方形のPC向け汎用ディスプレイがEIZOから登場.ITメディアの記事にもありますがいろいろな使い方が考えられます.Google Earthのように画面全体に真円が描画されるようなアプリを実行しても面白そう.CADをはじめデザインする場合も正方形ディスプレイの方が錯視的な影響が少ないのではないのではないでしょうか.
 7年前に記事を書いたときには「映像の歴史を学びましょう。」などとコメントが付いたけども,私は大いなる可能性を感じます.そもそもそういう先入観が革新を妨げるんですよね.勉強ばかりで頭でっかちではいけません.
posted by みっちぃ (管理人) at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月15日

京都の紅葉に思いをはせて〜天授庵の特別拝観

京都の紅葉に思いをはせて  仕事の帰りに秋の京都に立ち寄ってからほぼ1年.あっという間の1年だった気もするし,いろいろと面倒なことに悩まされて長かったような気もします.
 私にとって京都の紅葉はイベントのようなものでもあり,これを過ぎるといよいよ年末だなぁ〜と感じます.写真は,南禅寺近くの天授庵の夜の特別拝観の模様.ぜひサムネイルをクリックして,全画面モードでご鑑賞ください.
 この夜はサバイバルでした.行く先々でものすごい混雑で,これではとても閉門に間に合わないと焦った私は,清水寺や高台寺を諦めて天授庵に向かったのでした.でも結果的には良かったかもしれません.素晴らしいお庭を拝見してまいりました.

にほんブログ村:風景写真ランキング
写真をクリックすると拡大メニューを表示します(要Javascript).閲覧にはカラーマネジメントに対応したブラウザをお奨めします.画像ファイルサイズは約5Mバイト.
撮影データ:SONY α NEX-3,E18-55mm F3.5-5.6 OSS,1/20秒・f5.6,Aモード,WB=太陽光,JPEG+RAW,ISO 3200,手持ち撮影.(Lightroom4.4にて現像) 
posted by みっちぃ (管理人) at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | αでつづる風景写真

衣替え

おそばせながら本ブログの衣替え.いよいよ紅葉シーズンもクライマックスですねぇ〜.
posted by みっちぃ (管理人) at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月12日

大義がない

突然浮上した衆議院の解散騒ぎについて。解散する大義がない等いうことで総選挙に懐疑的な話もあるけど、アベノミクス失敗を認めるなら意味がある。アベノミクス失敗したけど引き続き政権を任せてくれますか?という民意を問う選挙を目論んでいるのだろう。確かに今のうちなら、もともとアベノミクスの恩恵を得た実感のある人は少ないから、潔く失敗を認めることはかえって好感を生むかもしれない。自分には国民をバカにしているとしか思えないけど。
posted by みっちぃ (管理人) at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月08日

学問も職能も必要

 ちょっと話題になっている「我が国の産業構造と労働市場のパラダイムシフトから見る 高等教育機関の今後の方向性」について。一流大以外は職業訓練に注力すべきだという主張だ。この主張を全否定するつもりはないが、こういった考えが過度に進まないことを祈りたい。というのも、本来の教育のゴールは学問も職能も両方必要だと思うから。
 そもそも、米国などとの比較資料が出ていて、「労働者の能力が低いから生産性が低い」という論調だが、それは間違っていると思う。米国やEU諸国はマニュアル化が上手な国だ。特に米国は多民族国家なので様々なクレームが発生する。個々の事案に対して状況判断で手順を変えたりしていては効率が悪い。いかに手順をマニュアル化して効率を上げるかが、米国で生産性を上げる上で重要なのである。一方で、日本はマニュアル化が下手だと思う。最近の話題で言えば、エボラ疑いの患者にどう対応するかが政府を含め曖昧であったり不十分であったりすることが露呈した。原発事故にしてもそのいい例だ。言い換えれば、一流大学を出たような上層部の有能とされる人たちが、業務に関わる事象を上手に抽象化し、それをマニュアル化できないから生産性が落ちているのだ。それなのに労働者の能力が低いから生産性が低いというなら、それって違うよねって思うのだ。
 もし学業のゴールが職能を身につけることなら、そもそも初等〜中等教育でさえも学問的な教育は不要という事にならないだろうか。計算は全てコンピューターに任せれば数学はなおさら不要だし、歴史だって学ぶ必要はないかもしれない。化学の実験だって不要かも。早く職能を身につけさせて、戦時中のように生産労働に就労させれば良いとでも言うのだろうか。それに、ロボットや知的情報処理技術が進歩したら、冨山氏が指摘するLの世界の「雇用は長期的に増加傾向(労働力不足が深刻化) 」「平均的・汎用的な技能を持つ人材が求められる 」だって根本的に変わってくるだろう。
 そもそも、冨山氏が自ら言うように
筆者が卒業したスタンフォードビジネススクールのMBAプログラムでさえ、その本質は高級職業訓練校(言わば高級簿記学校)に過ぎない!
なのである。つまり同氏の提案は、学問的な教養が必要だということを自ら露呈しているようなものだと思うのである。同氏がもっと学術的に優れた能力を持つ方であれば、もっと創造的で革新的な提案ができるはずだ。
 私はもっと日本的な長所を生かした戦略的成長を目指すべきだと思う。そのような観点に立った時、海外各国と比較してそれよりも劣っているから対策を打つべきだという主張になるだろうか。むしろ日本の強みを世界的な視野で分析してそれを根拠に論ずるべきではないだろうか。その意味で、同氏の論調は他国のやり方を善いとするような偏った観点に基づくものであるという印象を感じてしまうのである。
posted by みっちぃ (管理人) at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月05日

さくらのレンタルサーバで悩ましい事案

 なんかやってくれちゃったみたい.メールを受信しようとするとメーラーが「信頼されていない証明書」である旨のメッセージを出す.調べてみると,「SSL/TLSを用いたメールの送受信について」の記載で「2014年11月5日より、証明書の認証局をGoDaddyからGeoTrustへ変更しました。 」とちっちゃく書いてある.そんな変更に関する事前通知あったかなぁ〜.メンテナンス情報にも何も書かれていないし.
 例外設定してしまえば受信できるけども,そもそも信頼できるかどうかもわからない.信頼してしまって,もしそれがハッカーによるものだったらどうするのか.こういう変更はちゃんとちゃんと大きく掲載してほしいなぁ.んで,信頼していいんだよね???
posted by みっちぃ (管理人) at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記