本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2014年08月31日

奨学金返済控除の創設を

 29日,内閣府が「子供の貧困に関する大綱」を掲載した.貧困国の深刻な経済状況に伴う諸問題に比べれば日本の子供の貧困に関する諸問題は軽微ともいえるかもしれないが,大綱にも書かれているように子供たちの将来が その生まれ育った家庭の事情等に左右されてしまう場合が少なくない.
 大綱において「第4 指標の改善に向けた当面の重点施策」の「(4)大学等進学に対する教育機会の提供」では
高等教育段階においては、授業料等に加え、特に地方から就業機会の豊富な都市部の大学等に進学する場合には、住居費等の経済的な負担が大きい。意欲と能力のある学生等が経済状況にかかわらず修学の機会を得られるよう、無利子奨学金制度の充実を図る。
また、奨学金の返還月額が卒業後の所得に連動する、より柔軟な「所得連動返還型奨学金制度」の導入に関する検討を進める。
と書かれている.
 所得連動返還型奨学金制度については,文科省で「学生への経済的支援の在り方に関する検討会」が開かれ,最近では第13回目の検討会が7月28日に開かれている.この検討会の資料「資料1 学生への経済的支援の在り方について」の「第3章 各制度の改善の方向性等」において,「A)より柔軟な所得連動返還型奨学金について」として記載があり
この制度を適切に運用していくためには,卒業後の所得を正確かつ確実に把握する必要がある。このためには,社会保障・税番号制度(以下「マイナンバー制度」という。)が導入され,本格的に稼働することが前提条件となる。
と書かれている.この記述自体,1年前の「学生への経済的支援の在り方について(中間まとめ)」と全くと言って進展がないのが気になる.マイナンバー制度ありきという考え方に固持してしまっていないだろうか.本来の課題を真剣かつ早急に解決しようとしているのであれば,異なる形での軽減策を講じていくべきではないだろうか.
 返済者の負担を軽減する案として奨学金返済控除の創設を提案したい.給与所得者の保険料控除申告書で保険料控除を申告するのと同様の手順で,貸与者が年間に返済した分の証明を発行し,納税者は奨学金返済控除として申告する.税控控除として扱うことで返済者の負担を減らす。これならすぐできるだろう。
 同様の発想で、教育費として支払った額に対して税額控除してはどうかという意見があるがこれは難しいと思う。お金のある人は、投機的な教育を行うなどして節税目的として扱おうとするかもしれない。
 大事なことは、所得の格差が子供の教育に影響しないような社会を作っていくことなのだ。もし教育費控除のようなものができたら、それこそ裕福な家庭の子供はなおさら良い教育が受けられ、その分の税控除が行われて税負担が減ることになる。貧しい家庭の子供が高等教育を受けるにはお金を借りるしかないわけだが、返済を考えたらとても返せないような額になってしまい、結果的に教育を受けること断念するようなことになったら本末転倒だ。仮に進学しても、社会人になって、その後の結婚して子供を授かったら、奨学金の返済が首を絞めるなんてことも起こりえるかもしれない。その結果、本人の子供も同じように奨学金を借り…などというように代々経済的な困窮が繰り返される…。そんな負の連鎖は社会的な仕組みで断ち切るべきなのでる。
 国の「持続的」な成長戦略を実現するためにも、まずは出来るとこからやって行くべきであり、その一案が奨学金返済控除の創設なのである。
posted by みっちぃ (管理人) at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月27日

ほんと感じ悪い

また不快な出来事があった。ほんと感じ悪い。こうなるだろうとは思ってたけど、その想定を少しだけ上回ってくるから不快で仕方ないんだよね。
posted by みっちぃ (管理人) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月24日

解約してきた

 親のために契約していたiPad 3rdの契約を、更新月になったため解約してきた。親は自宅でWi-Fi利用がほとんどなので屋外での使用がほとんどない。これで毎月6000円弱かかるのは明らかに高い。今後はモバイルWi-Fi+ドコモのMvnoの月額約1000円で十分。もし、ソフトバンクのMvnoが登場してサービスを始めたら改めてそちらの利用を考えようと思う。
posted by みっちぃ (管理人) at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月23日

私は寄付しないと思う

 厚生労働省の平成24年の特定疾患医療受給者証交付数では9096人のALS患者が日本にいるという。日本人口を1億人とし、世界人口70億人とすると全世界のALS患者を大雑把に見積もると約60万人強といったところか。
 認知度を高めることはいいことだと最初は思ったけど、やっぱりアイス・バケツ・チャレンジはあまり良い活動だと思わない。他にも難病はあるし、そもそも全世界には年間660万人の子どもが5歳の誕生日を迎えられず、その約半分が栄養不足に関わる理由により亡くなっている。アイス・バケツ・チャレンジで無駄に扱われたかもしれない安全な水でさえ、飲むことができない人だって全世界に約7億5,000万人もいる
 本ブログでは広告収益をユニセフなど慈善事業へ寄付して来た。この現実を改めてふまえると、ALSなど難病で苦しんでおられる方々には申し訳ないと思うが、私はより多くの人々を助けられほうへ寄付したいと思う。だから、もしアイス・バケツ・チャレンジの指名が回って来ても自分はやらないし寄付もしないだろう。それは人道に反することではないはずだ。
 それに、これは蛇足だけども、個人的には医療の慈善性に疑念がある点も書いておきたい。難病の解決を心から望み、その治療法を確立しようと日々努力されている方々がいるのは知っている。しかし、それを利用して利益を上げようと目論む者もいる。
 例えば「ALS 治療」で検索して上位に出てくるサイトは、丁寧で具体的で、ALS治療に関わる医療者も出て来たりして一見患者サイドに立っているように見えるが、このサイトのスポンサーはALSの病勢進展を抑制する薬剤を製造している製薬会社のようだ。製薬会社がスポンサーになっている目的はもはや明白であろう。
posted by みっちぃ (管理人) at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月16日

真夏の東京湾の夜明け

真夏の東京湾の夜明け〜海ほたるより  今日は明け方の海の景を撮るべく海ほたるへクルマを走らせてきました.深夜に自宅を出発し,夜の首都高を走り東京湾アクアラインへ.日の出時刻は5時.1時間前ぐらいから次第に空に明るさがでてくるので,5階のデッキ部で撮影スタンバイ開始.ここはいつも風が強い.今日も風速15m前後の風が吹き続けていました.さすがに望遠レンズではブレが生じてしまうので風をよけられる場所を見つけて三脚を構えました.
 写真は太陽が顔を出した直後の様子.太陽が顔を出す直前,空一面を赤く染める見事な朝焼けとなりました.もちろんその様子もしっかり写真に残してありますが,こちらはコンテストに使えそうなのでブログへの掲載はお預け.

にほんブログ村:風景写真ランキング
写真をクリックすると拡大メニューを表示します(要Javascript).閲覧にはカラーマネジメントに対応したブラウザをお奨めします.画像ファイルサイズは約4Mバイト.
撮影データ:SONY α900,TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO,10秒・f16,Mモード,WB太陽光,RAW,ISO 200,三脚使用.(※Adobe Photoshop Lightroom 4にて現像)
posted by みっちぃ (管理人) at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | αでつづる風景写真

2014年08月10日

第3の道

 やっぱり,週末の休日に家に引きこもるのは良くない.色々考えてしまう.台風が来ていることもあって全く家から出なかった.
 先日,国際会議に投稿していた論文が採録されたという通知が来た.喜ばしいことなんだけどもなんだか気が重いのはなぜなんだろう.この週末はそんなことばっか考えていた.
 気が重い理由の一つはFull Paperで通したかったところがShortPaperでの採録だったことなのだが,もう一つはやっぱり英語能力かもしれない.普段から英語の文献読んだり,英語の動画をみたりして英語に慣れるようにはしているし,教材を使って勉強したりしているがどうしても身に付かない.英語ができないこと自体,この職業をやっていく上で致命的なのだ.
 他の能力が優れているかと言えばそれも並以下だろう.多少,IT関係の知識・技能は持っているかもしれないがその分野の研究者としてやっていくための基礎的な教養は,一流大学出身の方々に比べて明らかに劣っていると感じる.もちろん,その差を埋めるための努力はしているつもりだが,すぐに理解ができるようなアタマだったら,そもそももっと程度の高い大学に進学していたはずなのだ.理解に時間がかかるというのも学者として致命的かもしれない.
 そんなことを考えていたら,上司からいわれた「学者として向いていない」という一言が頭をよぎった.もう,この世界で頑張るのは無理があるのかもしれない.そう思う気持ちも湧いてくる.現職に就いてから7年目になるわけだが,この間に自分の専門としていた分野の研究はブランクが空いてしまった.現職の仕事とは別に,寝る間を惜しんで自分の研究をすれば良かったのでは?といわれればその通りかもしれないが,正直なところ自分にとっての研究はそれ自体も仕事でしかないのだ.真にその分野の研究が好きで公私ともに没頭しているような研究者もいるが,私はそうではないのである.休暇は休暇で欲しいし,超過勤務があるのならその分の対価や代休は欲しいと思ってしまう.その内容が時間的に不定になりやすい研究の仕事であっても.
 もちろん,実際にはそういう思いはあったとしても横に置いて,これまで仕事には従事してきたつもりである.ただ,そういうように思ってしまうこと自体が研究者として向いていないことの表れなのかもしれない.研究職に憧れて大学院へ再進学し,奨学金を借りながら学位を取得して今日に至ったわけであるが,私に研究職の仕事は向いていなかった,ということかもしれない.
 そうだとしたら,自分に向いている仕事ってなんなのだろうか.この観点で自問を始めたら,答えが出せずに途方に暮れてしまった.もし現職を辞め第3の道へ進むとするならば自分はどこへ向かうのか.もちろん,色々な人の支えもあって現職に就いたのだからそう簡単に辞めるつもりはないけども.
 
posted by みっちぃ (管理人) at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月03日

今年も

今年も「夏休み」としての休暇は取らない予定。1日だけ8月中の平日に休暇を取るつもりだが予定は何もなし。クルマで出かけても渋滞ばっかだろうし、どこ行くもご家族連れの旅行客で混雑だろう。結局家に引きこもることになるだろうが、家にいてもこの暑さでは辛いだけ。この休日だって、室温34度を超える自分の部屋で扇風機の風だけでしのいでいる。そうなこともあって、休暇をとるつもりでいながら結局取らずに出勤するのが毎年の夏の通例。ほんと、つまんない人間だな、と思う。
posted by みっちぃ (管理人) at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月01日

今後1ヶ月は暑くなるって本当?

全国的に気温高く 西日本太平洋側は雨多い 気象庁1か月予報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00010001-wmap-soci

 今後1か月は、日本の東で太平洋高気圧が強まり、東日本や沖縄・奄美は晴れる日が多い見込み。南から暖かな空気が流れ込むため、北・東日本、沖縄・奄美では、気温が平年より高くなる確率が50%と予想されている。8月上旬はもともと、一年で最も気温が高い時期にあたるため、この先もしばらく厳しい暑さが続くとみてよさそうだ。
記事より引用
 記事ではそう書いてあるけど、記事が引用している気象庁の1ヶ月予報に基づく図では、北・東日本、沖縄は「20:30:50」という確率が示されている。左から、低くなる確率、平年並みの確率、高くなる確率だそうだ。合計すると100%になることを踏まえると、それぞれの値は独立事象として算出されたものではない。よって、高くなる確率は50%で、そうでない確率も50%ということになる。ということは、これらの地域では今後1ヶ月気温が平年より高くなるかどうかは「どちらとも言えない」とい結論になるのではないだろうか。だとすると、この記事は一方的に「暑い」を印象づけている気がする。まぁ、自分にとってはどちらでもいいんですけど、仕事柄気になったもんで。
posted by みっちぃ (管理人) at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記