本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2012年02月28日

このサービスはちょっと・・・

おおっ,これは・・・.こんなサービスが普通になったら,うかつに名刺交換できなくなる.というか,このサービスを提供している会社は極めてマジメなのだろうけど・・・.
すべての名刺をスマホで持ち歩く、無料クラウド名刺管理サービス「Eight」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120228_514936.html

 サービスのコンセプトは「すべての名刺を持ち歩こう」。利用するには、スマートフォン向けアプリで自分の名刺を撮影し、プロフィール名刺として設定。その後、管理したい名刺をiPhoneで撮影してEightに取り込んでいく。名刺は片面撮影か両面撮影を選べる。
 撮影した名刺データは、Eightのサーバーに送信される。名刺データはOCR処理に加え、Eightのオペレーターが会社名、氏名、フリガナ、電話番号、メールアドレスを無料で入力する。当初はiOS 4.0以降に対応したiPhone/iPad向けアプリのみを提供する。
記事より引用
 同社のサイトに行って利用規約を見てみた.(2012-02-28現在) 続きを読む
posted by みっちぃ (管理人) at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月19日

三十槌の氷柱へ(2012)

三十槌の氷柱(2012)  クルマの修理が終わった昨日,秩父三峰神社お参りに行くために奥秩父へ.その帰り,三十槌の氷柱へよってみました.三峰神社へ行くときは必ず通るところにあるので存在は知っていたのですが,実際に氷柱を見たのは今回が初めてでした.思えばこの時期に三峰神社へ来たことがないかもしれません.
 夕方とはいえ特徴のない光線下だったので,とりあえずアンダー目に撮影.さらに冷たさを出すために,撮影時「太陽光」に設定していたホワイトバランスを,現像時に4200kで出力してみました.それなりに雰囲気は出たでしょうか.

にほんブログ村:風景写真ランキング
写真をクリックすると拡大メニューを表示します(要Javascript).閲覧にはカラーマネジメントに対応したブラウザをお奨めします.画像ファイルサイズは約6Mバイト.
撮影データ:SONY α900,TAMRON SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO,1/100秒・f8,Mモード,WB=太陽光(現像時4200k),RAW,ISO 400,手持ち撮影.(Image Data Converter SR で現像した後にTIFF形式で保存.これをPhotoshop CS3にて開き,著作権情報等を編集後にJPEG保存したもの.)
posted by みっちぃ (管理人) at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | αでつづる風景写真

トヨタらしい販促

 自宅のポストに,A4サイズ8ページ,カラー刷りの86のパンフレットが入っていた.新聞の折り込みではなかった.近場の販売会社のチラシも一緒に入っていたので,ある程度的を絞ってパンフレットを投函しているのもしれない.だけど,結構な営業コストだと思う.気合いが入っているなぁ〜と思う反面,いかにもトヨタらしいやり方だなぁとも思う.86のようなクルマ好きターゲットの車種なら,こんなに営業側が気合入れなくても客が黙って寄ってくると思うんだけどな.
 最初高すぎでは?と思ったけど,パンフレットを見る限り内装の質感も結構よさそうだし,細部にこだわりを感じるので241万円は決して高いわけではないと思う.だけど,若者ターゲットにするならもっとチャッチくてもいいから,標準グレードで200万未満に抑えるべきだったのではとも思う.いや,「40代男性が主要顧客」なんていう話が出てきたあたりを考えると,最初から若者世代は全然ターゲットになってなかったのかも.若者にはどうせ買えないし,どうしても買いたいならエアコンなしで我慢しろ,というのがトヨタやスバルの考え方なのだろう.
posted by みっちぃ (管理人) at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

クルマ帰ってきた

 修理に出していた親のクルマが帰ってきた.とても綺麗に治っていた.さすが,プロの仕事.
 しっかし,今年のマネープランが狂ってしまったなぁ.これ以上無用な出費が増えませんように.
posted by みっちぃ (管理人) at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月11日

またぶつかった

また、ぶつかった。今度はガレージの奥に止まっていた自分のクルマに、弟のクルマを車庫入れしていた親がぶつけた。わずかにナンバープレートが曲がっただけだけとも、先週に続けて起こったこともあってとても悲しい。
posted by みっちぃ (管理人) at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月07日

ちょっといい加減な費用比較な気が…

少々いい加減なコスト比較な気がする・・・,
学会研究会jpと日本マイクロソフト、医療機関向けに画像保存クラウドを提供開始
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120207-00000021-rbb-sci

 「Dr. Cloud」では、保険医療機関および保険医療養担当規則第9条に沿って、医療行為の完結の日から3年以上経ち、法令による保存義務期間を過ぎた医療画像データを個人を特定できない方式で、日本マイクロソフトのWindows Azureに保存する。従来の院内設置型と比較すると、2TBの利用で230万円、10TBでは1,110万円のコスト削減が見込まれるという。
記事より引用
 コストの比較表が,学会研究会jpのサイトにもある.


 ここを見ると,今回の記事になっているクラウドに関わる初期費用が「−」となっていて計算されていない.しかし実際には,VPN装置や回線接続に関わる初期費用がかかるだろう.院内ネットワークの変更費用がかかったり、導入済みのPACSがある場合は,いくらDICOM規格で容易につながるといっても,最初の接続時にはPACS業者に接続作業費用を求められることになるのではないか.
 そのあとの運用においても,比較表では「Dr. Cloud」の費用しか入っていないが,VPN装置の保守,回線接続の固定費が毎月かかるだろう.回線を冗長化したりすれば,その分コストは高くなる.また,障害が起きた場合の原因切り分けなど複雑化する面も出てくるはずなので,導入済みのPACSの保守契約の見直しが必要になり,保守費用が増えるなんてこともあるかもしれない.
 したがって,このような費用比較は少々いい加減な感じがする.多くの病院では情報システムについて高度な知識を持つ担当者を置くことができず,良し悪しの分別ができないままベンダーのウマイ話にのってしまうということが少なくない.特にストレージについては,ハードディスクの容量単価は年々低下しており,拡張可能な装置で構成していけばオンプレミスでも初期コストを抑えつつ肥大化するデータに対応していくこともできる.今後,このようなクラウドを活用した医療画像の保管はますます注目されると思うが,本当に費用対効果があるのかどうかは冷静に判断すべきである.
posted by みっちぃ (管理人) at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月05日

続)クルマぶつけた

見積が出た.・・・・,かなり高い・・・.日産のスクラッチシールドは特殊な塗装なので割高になるらしい.毎月の小遣い(といっても独身なので自分で決めているだけだけど)の6か月分・・・.親のクルマなのでちゃんと責任とります・・・.
 そんな気落ちしているところへ今度は仕事先からのシステムのアラート連絡.はい,対応します.(涙
posted by みっちぃ (管理人) at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

クルマぶつけた

自宅のガレージで。しかも、親のクルマ。なんだかなぁ〜。

早速、修理のためディーラーで見積中…。
posted by みっちぃ (管理人) at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月02日

年収の5倍まで

マンション関連の記事にこんな記述が.
マンション業界から困惑の声厳しすぎる東京都の震災対応基準
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120202-00015957-diamond-bus_all

 マンション購入価格は俗に「年収の5倍まで」が適正と言われる。昨今の超低金利では、もう少し幅が広がっているものと思われるが、それでも購入者の収入自体が上がらない時代にあって、コストアップ分は価格に転嫁しづらい。
記事より引用
 そうか.この目安に当てはめると,奨学金の返済がある自分にとってはマンションの購入なんて夢のまた夢なんだな.毎日往復4時間近い通勤時間はさすがに嫌なので,マンション買うなら23区内という目標を持っていたけどまったくアホらしい.
 モチベーション下がるなぁ〜.
posted by みっちぃ (管理人) at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記