本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2011年09月19日

ほぼ確実に

新小岩駅は「○○の新名所」化しつつあるな.
成田エクスプレス死亡事故、7月から5件目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110918-00000430-yom-soci

 18日午前11時10分頃、東京都葛飾区新小岩のJR新小岩駅ホームで、40〜50歳代の女性が、同駅を通過中の大船・池袋発成田空港行きの成田エクスプレス(12両編成)にはねられ、死亡した。
 警視庁葛飾署は自殺とみて女性の身元などを調べている。総武快速線は、東京―千葉間で約50分運転を見合わせ、約3万3000人に影響が出た。
 同駅で通過中の成田エクスプレスにはねられる死亡事故は7月から5件目。いずれも自殺とみられる。
記事より引用
 なんだろ.成田エクスプレス→成田空港→国際線→海外渡航者という風に連想すると,海外渡航者には高額所得者が多く含まれる傾向が考えられるから,そういう人たちへの妬みでもあるんだろうか.まぁどんな理由にしても自ら命を絶つなんてことはしないでほしい.
 しっかし,早くホームドアつけようよ.どうしてこんなにも普及が遅いのか.どんなに列車を走らす技術が優れていて安全だと主張しても,駅構内をはじめとする関連設備や環境の安全がないがしろされていては全く意味がない.鉄道各社はもっと真剣に取り組むべきだ.
 もう一つ注文を付けたいのは,そういう安全のための取組みを鉄道会社が自らの責務として自発的にやってほしいのである.列車への飛び込みが増える→ホームドアの設置を求める声が増える→政府が問題顕著化を鑑みてホームドアの設置を義務づける→鉄道会社は負担増を理由に難色を示す→設置のための補助金を政府が出す→ようやくホームドアの本格的な設置が進む,というような流れで我々の税金が使われることになったとしたら,甚だ腹立たしいことだと思う.ホームドアの設置が進まない理由の一つに,こういうシナリオを鉄道会社の経営者が描いているのではないかと勘繰ってしまうのである.

追伸:っていうか,すでに助成しているらしい.
ホームドア 転落事故防止へ着実な整備を(9月18日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110918-OYT1T00067.htm
 国土交通省の検討会が、1日の利用客が10万人以上の駅に優先的に整備するよう提言した。ホームドア設置促進の契機としたい。
 利用客にとって、駅の安全性は大きな関心事である。利便性を追求するあまり、安全確保をなおざりにしてはならない。鉄道各社は着実に整備してもらいたい。
 政府や自治体は、設置費を一部助成しているが、さらに拡充して普及を後押しすべきだ。
記事より引用
 なんだかなぁ〜.ホームドアの設置の目的は飛び込み自殺防止だけではないけど,雇用情勢の悪化→税収悪化という流れと,雇用情勢の悪化→生活苦による飛び込み自殺→事故防止のためのホームドア設置を助成→税金が使われる→税支出の増加という2つの流れは,税制の悪化を加速させているだけだと思うのだが.首都圏の鉄道会社なんてそう簡単には潰れないのだから,借金してでも自らの金でホームドアを設置すべきだと思う.そういう努力が結果的には安心に結びついて沿線住民を増やす要因になると思うのだけど.
 まぁ,別の地域の話だけど,責任を全うしないまま遺書のようなものを残して失踪して,結局自殺してしまうような社長もいるような業界だから,何を言っても無駄なのかもな.海上で遺体で見つかるまでの間だって,警察とかいろいろな人が捜索に加わることで税金が使われているんだ.いい加減にしてほしい.
posted by みっちぃ (管理人) at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記