本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2011年08月01日

オープンソースソフトウェアを使って商売をすることについて

 やっぱり,自分にはいまだに解せないないなぁ.昨日友人と話していたときに,なぜオープンソースソフトウェア(OSS)を使って商売ができるのか,という話を私から出した.私が論点にしたいところは,OSSを使って商売する側(ここでは単にベンダという)がOSSの品質に起因するリスクをどうやって担保できるのかということ.友人のいうように,ある程度の規模が大きいベンダだったら,OSSのバグに起因する事故でも事態を収拾できる能力があるだろうし,OSSのソースのメンテナンスも自社の人員を割り当ててできるかもしれない.でも,そもそも事故が起きてからでは手遅れなのだし,メンテナンス自体にもコストはかかる.そうならないように事前評価するといっても,その評価にも相応のコストがかかるわけで・・・.言い換えると,規模が小さい企業にとっては大きなリスクを抱えることになってしまうのではと思ったのだ.もっと別のメリットを理解する必要があるのではないだろうか.
 1つの観点として大事なのは,有償のサポート付きのソフトウェアを使ってベンダが商売しても,その品質に起因するリスクは決してなくならないということ.事故が起きたときには責任を転嫁できるかもしれないが,事故の発生を未然に食い止めることにはならない.むしろ,ソースが開示されている面で,事故の発生を未然に防ぐことが可能になるという考え方をすれば,OSSを使って商売することはよい働き方なのかもしれない.
 この議論の結論はリスクとバリューのバランスにあるのだとは思う.しかし,その塩梅はどうやって判断しているのだろうか.どうも,その点がわからない.
posted by みっちぃ (管理人) at 09:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

そーだよなぁ〜

 お金をもらってソフトウェアを開発する以上,品質管理は避けられないよなぁ〜.友人との電話で変なことを言ってしまった.・・・もう寝よう.
posted by みっちぃ (管理人) at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記