本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2011年06月19日

復興財源のための増税について

 これって,ちょっと違うんじゃないかなぁ〜.
<復興債>償還財源は所得・法人増税で…消費税は対象外
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110616-00000003-mai-pol

 政府・民主党は15日、東日本大震災の復興財源として発行する復興債の償還に充てるため、所得税と法人税を一定期間引き上げる方針を固めた。所得税・法人税を1割程度引き上げることで年間1兆数千億〜2兆円程度を確保し

(中略)

消費税率を1%引き上げれば約2・5兆円の増収効果があるが、枝野幸男官房長官は「被災地の皆さんにも同じようにかかる問題点がある」と、消費税増税には否定的な見解を示している。
記事より引用
 日本中が電力問題で企業活動を制限されていて,尚且つ原発収束の行方も分からない,Hi-Netの観測を見てもいまだに微小なものを含めて,わずか24時間で異常なほどの数の地震が続いている.こんな不安定な状況で法人税をあげたら優秀な企業が海外に出て行ってしまうのではないか.財源確保の難しさはよくわかるが,熟慮された結果が所得税と法人税増税なのか.政局でほんろうされて,議論は官僚主導になってしまってないだろうか.なんか違う方向を向いて議論されている気がすのは私だけだろうか.
 消費税問題については,被災地への負担がかかることが示されているが,被災者の負担だけでは対応できないから国全体で負担しようとしているのであって,被災者は負担しなくていいという論議ではないはず.もちろん,被災者の方々への配慮は必要で,消費税増税の負担を相殺できるような形で金銭的な支援の仕組みを設ければよいでないか.所得税増税だと,被災者でも元々経済的に余裕があり,今は避難生活中で所得がないという人が優遇される結果になってしまうと思う.
 以前も述べたが,まずは消費税を上げるべきだと思う.最初の数年は復興への割り当てとし,ある程度の期間ののちに本来予定していた用途へ比率を変えていけばいい.国難意識が残っている今なら,何もないときに消費税増税する場合よりも,増税に伴う副作用は小さいのではないかと思うのである.

 別件でもう一つ 続きを読む
posted by みっちぃ (管理人) at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記