本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2009年08月29日

歴史的な日がいよいよ明日に

 いよいよ,明日は衆議院総選挙.政権交代となれば日本の政治の1つの節目となるだろう.自民に入れるか,その他に入れるか.もし私が自民に票を入れるとするならば,以下の主な出来事を受け入れられるかどうかだろう.
  • 柳澤元厚生労働大臣の「女性は(子供を産む)機械」発言−結局辞任には至らなかった.
  • 松岡元農林水産大臣の自殺−「なんとか還元水」など疑惑
  • 久間元防衛相の辞任−「原爆投下しょうがない」発言
  • 福田元総理の辞職−わずか1ヶ月で辞職
  • 中川元財務大臣の泥酔会見−薬とアルコールを服用していたらしい・・・
  • 郵政造反組の復党−その後大臣になった議員もいる.
  • 麻生総理の失言と陳謝いろいろ
  • などなど・・・
 なんとなく思い出しただけでもこれだけある.他にも挙げれば切がないほどだ.これが,今回の選挙で自民党の言う「責任力」である.私には無責任な振る舞いの数々に思えて仕方がない.
 最近では舛添厚労大臣が「大事な税金を,働く能力があるのに怠けている連中に払う気はない」と発言したことも気にかかる.能力があっても色々な制約で職に就けない人は山ほどいるのだ.そもそも,そんな人たちだって消費税などのように何らかの形で税金を納めているはずだ.それなのに,所轄部署から上がってくる数値だけを見て,現実に起こっていることを直視していない舛添大臣の発言は「責任力」を欠いてないだろうか.
 4年前,小泉元総理が「郵政民営化解散」などと言っていた前回衆議院総選挙.確か,あの時は友人と京都旅行の最中だった.ホテルのテレビで,友人と「自民,勝ちすぎだね」などといって共にに頷いていたのを思い出す.それから4年間,戦後最長といわれる景気を我々は経験したわけだが好景気感はなかった.一体誰にとっての好景気だったのだろう.
 今思えば,この景気を支えていたのは非正規雇用労働者だったと思う.非正規雇用労働者が,安い賃金と過酷な労働条件のなかで働いてくれたおかげだったのだ.しかし皮肉なことに,その後の世界金融危機による景気悪化で真っ先に追い込まれたのも非正規雇用労働者だったのである.
 そして昨日発表された労働力調査 平成21年度7月分(速報)結果の概要によると,完全失業率は5.7%と最悪になった.このような結果は,自民党のいう「責任力」に対して矛盾にならないのだろうか.
posted by みっちぃ (管理人) at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

デジカメ画像を復元できたけど・・・

 当ブログでは,デジカメの画像を復元する方法を4つ紹介しました.フリーウェアを使う方法も紹介していますので,お金をかけずに復元できます.しかも,誤って削除指定しまったという場合だけでなく,メディアにアクセスできなくなった場合も想定しています.すでに,復元に成功したというコメントをいただいており,お役に立てたことをとてもうれしく思っています.
 私の場合は,CANON IXY900ISを使用していたときに突然「メモリーカードが異常です」と表示され,この日に作成した画像を失った状態になりました.PCで開こうとしても「このメディアはフォーマットされていません。フォーマットしますか?」と表示され,全くどうにもならない状態になったのです.
 今となっては復元方法が分かりましたので万一のトラブルでも安心ですが,復元に手間がかかることは確かです.もしかしたら,紹介した4つの方法でも復元できないことが起こるかもしれません.
 そう考えると,デジカメ画像を復元できたものの,今回トラブルをおこしたSDカードを今後も使うかどうか悩ましいですね.その後は問題なく使えているし,新しいのを買っても同じ問題が起こるかもしれない.何より,突然「メモリーカードが異常です」と表示された原因が分からない限りどうにもなりません.カメラ側がもっと詳しい情報を出してくれればよいのですが・・・.
posted by みっちぃ (管理人) at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

誰だ!ぶつけたのは!

 ショック.クルマの左後方のDピラー部にヘキズとコミがあるのを発見.高さ的にはミニバンのドアを開けたときに隣の車に「ガンっ」とぶつけてしまった,という位置だ.たぶん,高速道路のPAのように,斜めに並ぶ駐車場で左側に停止していたクルマがぶつけたのだろう.全くキズのない状態で,しかも自分ではなく他人に最初のキズつけられたというのがショックだ.そして腹立たしいのは,ぶつけても知らぬふりのままという心の卑しさである.
 こういう被害にあわないように,駐車場ではなるべく端に止めるようにしている.それでも,一方側はぶつけられる可能性はある.防ぎようにも防ぎ難いのが悩ましい.どうしたらよいものか..,
posted by みっちぃ (管理人) at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記