本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2008年11月27日

電気自動車のレンタルを

立山黒部アルペンルート内のケーブルカー立山駅から室堂までの区間や,乗鞍岳の乗鞍スカイラインなどのマイカー規制区間でやってくれないかなぁ〜.通常は走行できない観光ルートを,環境にやさしい電気自動車(燃料電池車を含む)やハイドロジェンエンジンを搭載したクルマで走行できるというレンタカーサービス・・・.
 ・・・と思ったのは5年ぐらい前.ある自動車メーカーの知り合いには提案したことがあるのだけども,今のところ実現はないみたいですね.
 個人的には乗鞍スカイラインを再び走りたいですね.電気自動車は低回転からトルクが出せるので,蛇行道でもスムーズに登れるはずです.性能面では,登りがキツイということはあるかもしれませんが,下りは回生発電中心の走行になるのでそれなりに充電できるはず.ハイドロジェンのエンジンカーなら,今までのガソリンエンジンのような高揚感あるドライビングを楽しめそうです.
 レンタル料をどのくらいに設定するかという点も課題ですが,通常の自動車並のレンタル料+有料道路交通料+αぐらいの価格設定でも,ある程度の需要は見込めるのではないでしょうか.クルマ自体が高価なので収益を得ることは難しいでしょうが,メーカー側からすれば実績作りにもなりますし,車両開発の参考データの収集にもなるのではないでしょうか.もし収益が得られるならば,エコカーのレンタルサービスを前提としてマイカー規制区間を増やすことも考えられるかもしれません.
 残る問題はゴミの投げ捨てぐらいでしょうか.この点については,レンタルするクルマの車内に大き目のダストボックスを用意したり,レンタル時に利用者に周知徹底を呼びかけたりするなどの対応が必要かもしれません.
posted by みっちぃ (管理人) at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

これは酷い

首相「何もしない人の医療費、なぜ払う」、諮問会議で発言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000070-yom-pol

 麻生首相が20日に開かれた政府の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡って「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが、26日に公開された議事要旨で分かった。

 与謝野経済財政相が社会保障費の抑制や効率化の重要性を指摘したのを受けて、首相は出席した同窓会の話を紹介しながら「67歳、68歳で同窓会にゆくとよぼよぼしている。医者にやたらかかっている者がいる」、「彼らは学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているから」と発言した。
記事より引用
酷すぎる.この発言の意図はどうであれ,首相の立場でこの考え方や発言マズ過ぎるだろう.この発言や考え方を正当化したら,あらゆる社会保障の仕組みが完全に成り立たなくなるし,もっと言えば,国家そのものの成長に悪影響を及ぼすだろう.
 自民党はこの様なことを口に出す首相を早く処置すべき.いつまでも自民党とくっついている公明党だって同罪である.このままズルズルと麻生内閣が続くなら,もう自民党には票を入れん.

念のため追記:だからといって言論の自由はあるので,それを尊重しないわけではない.でも,もっと言い方があるだろう.
posted by みっちぃ (管理人) at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記