本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年12月03日

10月桜と姫路城 by α700

10月桜と姫路城  先日,大阪に出かけたときには,ちょっと寄り道ということで姫路城も観光してきました.城内には10月桜が咲いていて,春桜の紅葉との対比が面白い写真を撮ることができました.本当は横構図で撮りたかったのですけど,逆光の影響がひどかったので縦構図に.もう少し構図を考えて撮りたかったのですけど混雑していましたので・・・.
 ちなみにα700では,ISO200の方がISO100よりもダイナミックレンジが2/3EVほど広げられているそうです.その代わり少しノイジーになります.ISO100ではノイズが皆無といえるほどクリアな絵が撮れます.今回は10月桜の花びらと城壁の影の輝度差が大きいと判断して,ISO200で撮影しました.
サムネイルをクリックすると拡大画像を表示します.
撮影データ:SONY α700,KONICA MINOLTA AF ZOOM 17-35mm F2.8-4(D),絞り優先(マルチパターン測光),1/160・F8,ISO 200,CPL,RAW,ベルボン三脚.(Image Data Converter SR で現像した後にTIFF形式で保存.それをPhotoshop Elements2.0にて開き,著作権情報等を編集後にJPEG保存したもの.)
posted by みっちぃ (管理人) at 16:43| Comment(0) | TrackBack(1) | α700私的サンプル

そば処 報徳庵へ









 11月30日はD論予備審査書類の締切日だったのですが,昼食は大学からひとっ走りして,栃木県日光市今市のそば処 報徳庵へ行ってきました.
 全国には蕎麦を名産にしているところがアチコチにあります.私も,関東近辺の産地の蕎麦は一通り食べてきました.毎日蕎麦を食べていたいほど蕎麦好きの私ですが,日光市今市で採れる蕎麦が最もおいしいんじゃないかと最近思っているんです.もともと蕎麦は強い作物だそうです.食に適するほどの実をつけるにはそれなりの環境が必要だそうですが,ただ実をつけるだけではなく,それがおいしい蕎麦になるためには,さらに最適な気候条件と優れた土壌が必要というわけです.
 そんな条件が揃っているところが蕎麦の名産地ということなのでしょうが,今市は香りが高い蕎麦を出してくれるお店が多く,何度食べても飽きがありません.そのため,後輩を巻き添えにして1日に何件もの蕎麦をハシゴすることがあります.中でも報徳庵は日光宇都宮道路の今市インターから5分ほどのロケーションにあり,雰囲気もたいへんよいお店です.
 報徳庵のお蕎麦はいわゆる田舎蕎麦に近く,江戸前のような喉越しを好む方には気に入ってもらえないかもしれません.反面,荒めに挽かれたそばの香りが口に入れた時から広がります.それに負けないように,そばつゆはわずかに濃口です.今回訪れたときの蕎麦は,香り高さはいつもの通りですが若干苦味を感じる蕎麦でした.今年の新そばの傾向なのかどうかは分りませんが,その点はまた食べ比べてみたいと思います.
 また,今回初めて注文したのですが“元気串”もオススメできる一品です.サトイモ(だと思う)をみそをつけて焼いたもののようです.ジャガイモなどのようにホクホクではなく,しっとりしながらも歯ごたえのある食感でした.そこにミソの風味が合わさって,口全体に芋の香りが行き渡りるのです.季節限定とのことですので,ぜひお試しください.
写真はNTT DoCoMo N903iで撮影したものを縮小・編集したものです.
posted by みっちぃ (管理人) at 00:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記