本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年07月31日

公式な?借金時計が掲載される

<借金時計>長期債務残高を掲載 財務省HPに1日から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000009-mai-bus_all

 財務省は8月1日から同省のホームページに、国と地方の長期債務残高が一目で分かる「日本の借金時計」を掲載する。国と地方の長期債務残高は06年度末に767兆円に達し、国債の利払い費などが刻々と増え続けている。国と地方の借金が増え続ける現実をビジュアルに表現して、国民に財政再建の重要性を訴える狙いだ。
記事より引用
 「借金時計」でグーグル検索するとわかりますが,いくつかの(政府非公式な)借金時計が掲載されていることがわかります.そしてこの度,政府公式な借金時計が掲載されることになったとのことです.
 ところで,東京にお越しの際は,国の借金をさらに実感するために「感どうする経済館」(なぜかホームページが無くなっている!)を訪れてみてはいかがでしょうか.東京タワーの4階にあります.ここでは,子供たちに国の借金を面白楽しく学んでもらえるようなコーナーがいくつもあるそうです.特に,1分間に増える政府の借金に相当する重さリュックサックを背負うことができるそうです.つまり「借金を子供たちに背負わせる」ことができます.なんと“感どうする”体験でしょう・・・?

 ・・・・,誰だよ.こんな施設を考案したの.借金など面白おかしく扱うような明るいものではないだろう.個人的には,あのリュックサックがとても残酷だと思う.
posted by みっちぃ (管理人) at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

心の通った福祉事業を

 かなり前の話なのだが,次のようなことがあった.
  • 私が,信号の無い十字路へ向かって歩いていると,通りを横断しようとしている老人がいた.老人は足が悪いようで,片足を引きずるように歩いていた.
  • 十字路を南北方向と東西方向で分けて表現すると,老人は南北方向の通りを横切るように,東方向に歩いていた.私は東西方向の通りを十字路に向かって歩いていて,十字路まで50m以上の距離があった.
  • 老人は途中から,慌てて横断するようにペースをあげた.足を引きずりながら,南方面を何度か振り向いている.
  • この状況を見て,私は“南方向から車が来ているに違いないと思った.”
  • 老人が南北方向の道を渡りきらない状況で,南方向から結構な速さのクルマが北方向に走っていった.
  • そのクルマの側面のドアには,市の福祉に関する機関名が書かれていた.
 つまり,福祉事業に関わる人間がクルマを運転していた可能性がある.もしそうだとしたら,...続きを読む
posted by みっちぃ (管理人) at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記