本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年07月09日

有言実行を期待します

片山さつき議員の「システムは数カ月でできる」発言に思う[ITpro]
 この記事の中で,
筆者の過去の経験や知識からすると,社保庁の年金システムの開発が数カ月でできるというのは,まず信じられない。ITproの読者の皆さんも同意してくださるのではないか
と筆者が述べています.
 そもそも,2011年に年金の新システムへ移行する計画(例えばこの記事[時事ドットコム])ではなかったでしょうか.なにも数ヶ月で“慌てて”作る必要はなさそうですし,“数ヶ月でできる”を明言することもないと思います.
 それに,仮にシステムを1年以内に作ろうと計画するのなら,今の段階で“数ヶ月”などという表現を使っている時点でアウトだと思います.そのようなずさんな見通しでは,“数ヶ月”のプロジェクトはダラダラと尾を引きずるだけでしょうね.
 時事ドットコムの記事では,新システムは「既に基本設計が完了した」と報道されています.一方で片山氏は「“数ヶ月”でできる」と述べました.つまり,既に詳細設計が始まっている現段階においても,プロジェクトのスケジュールが曖昧なままだということです.この点からも,新システムに関する一連のプロジェクト運用がずさんに行われていると言えないでしょうか.
 片山氏が“数ヶ月でできる”というなら,そのすばらしいプロジェクトの事例報告を公の場で発表してもらいたいものです.何もプロジェクトが終わってからの事後報告でなくても構いません.“数ヶ月で作るためのノウハウ”を,ぜひ日本のソフトウェア産業発展のために報告してください.
カテゴリ“有害電波発信地”とは,(浅学なくせに)好き勝手言い過ぎて,その結果,自分自身の立場を悪くしかねないようなコメントを発信するためのカテゴリです.
posted by みっちぃ (管理人) at 14:34| Comment(4) | TrackBack(2) | 有害電波発信地

論文執筆でMS-Wordを使う時のコツ 4/表の作成について

 論文原稿の作成の定番といえばTexですが,最近ではMS-WORDを使うことも多くなりました.今まで,以下のトピックを紹介しました.
  • Part1:図表はテキストボックスの中に入れてレイアウトする.
  • Part2:オートシェイプによる図はPowerPointで作成し,拡張メタファイルとしてWord上に貼りつける.
  • Part3:段落の行送りをマスターする.
今回は,表の作成に関して扱います.

【問題点】
 実験結果の分析や集計はMS-Excelを用いて行う場合が多いと思います.Excel上で原稿用の表を作成しそれをWord上で貼りつければ,後から数値データを変更したりするような場合に自動計算されるので便利です.しかし,この機能(OLE:Object Linking and Embedding)を用いてExcelの表をそのままWord上に貼りつけることは,原稿の印象を低下させることがあります.
...続きを読む
posted by みっちぃ (管理人) at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文執筆でMS-Officeを使う時のコツ