本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年06月11日

8年後の小学校像・・・(汗)

8年後の小学校像…ICタグ使い出欠、宿題はネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000903-san-soci

教室のハイビジョンモニターで「モナリザ」を鑑賞、出欠は名札のICタグで管理…。情報機器を活用した平成27年の小学校像を、教育研究者らでつくる文部科学省の調査研究検討委員会(主査・山西潤一富山大教授)がまとめた。政府のIT新改革戦略で「22年度までに教員1人に1台のパソコン配備」との数値目標を掲げているが、具体的な将来像の提示は初めて。検討委員会が描いた8年後の小学生の生活は−。
記事より引用
っていうか,ITを使う(使わせる)のが目的になっていないかな〜.ITを使って教育効果を向上させようとするのが本来の目的なんじゃないの?この様な青写真では,かえって拒否反応を起こす教師や保護者が出るだけだろう.
 例えば,「出欠は名札のICタグで管理」なんてなっているけど,小学校では教師が一人一人の名前を呼んで,生徒が「ハイ元気です!」と答えるというコミュニケーションの方が良いのでは?その日の生徒の健康や精神の状態を少なからず察知できるはず.ICタグで出席管理すると何がうれしいのかさっぱり分らん.朝,たった5分ぐらいの時間を出欠確認に割いたっていいじゃないか.
 ・・・などなど,突っ込みどころはたくさんある.もっとも,この記事だけでは突っ込みようがないが.
同省は整備の遅れを認めた上で「この将来像を実現するには、環境整備や人材育成など、幅広い取り組みが求められる」としている。
記事より引用
今は,それどころじゃないのでは?教育再生の効果がやっと出るのには5年近くかそれ以上かかるだろうし,無理にITを取り入れるよりも,もっとやらなければならないことがたくさんあるんじゃないかなぁ〜.
カテゴリ“有害電波発信地”とは,(浅学なくせに)好き勝手言い過ぎて,その結果,自分自身の立場を悪くしかねないようなコメントを発信するためのカテゴリです.
posted by みっちぃ (管理人) at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 有害電波発信地

1日使い捨てコンタクトレンズを比較する

 1日使い捨てコンタクトレンズとしてワンデーアキュビューとフォーカスデイリーズを比較してみたいと思います.私は10年ぐらい前からフォーカスデイリーズを使ってきましたが,眼科を変えた関係で半年ほど前からワンデーアキュビューも利用するようになりました.これからコンタクトレンズを始めようとしている方にヒントになれば幸いです.

【ご注意いただきたいこと】
 本記事はメーカーによる公式なものではなく,私の主観により述べるものです.記事中のデータにおいて出展が明らかになっているものには注釈をつけてあります.それ以外のデータ及び比較結果などは本ブログのものですが,専門的な機器などを用いて公正に評価したものではありません.また,コンタクトレンズは高度管理医療機器であり眼科医の検査・処方が必要とされます.本記事の影響によるいかなる損害についても,私は責任を負いません.


【ワンデーアキュビューとフォーカスデイリーズ】

図1 フォーカスデイリーズアクア(左)とワンデーアキュビューモイスト(右)
 ワンデーアキュビューはジョンソン&ジョンソンから発売されている1日使い捨てタイプのコンタクトレンズです.標準タイプ以外に,装用感を改善したワンデーアキュビューモイスト,乱視矯正が可能なワンデー アキュビュー乱視用,瞳の輪郭を強調する機能を与えたワンデーアキュビューデファイン,カラーコンタクト機能を与えたワンデーアキュビューカラー(※)があります.
 フォーカスデイリーズはチバビジョンから発売されている1日使い捨てタイプのコンタクトレンズです.昨年,製品改良したフォーカスディリーズアクアが発売されました.乱視矯正が可能なデイリーズアクア トーリック,カラーコンタクト機能を与えたフレッシュルック デイリーズがあります.
 本記事では,私が使用しているワンデーアキュビューモイスト(BC9.0,PW-4.50)とフォーカスデイリーズアクア(BC8.6,PW-4.25)を比較してみたいと思います.

※6月30日で販売終了になるそうです(参考).

【数値的に比較してみる】
 私が利用している両製品のスペックを,Webページから得られる情報や付属の説明書を使って整理してみます.
 直径はワンデーアキュビューモイストのほうが大きいです.わずか0.4mmの差しかありませんが一回り大きい印象です.装着した時も,フォーカスデイリーズアクアに比べて大きいのが分るほどです.
 含水率はフォーカスデイリーズアクアの方が10%以上も高いようです.数値の上では,フォーカスデイリーズアクアの方が乾きにくいことになります.
 酸素透過性能は,それぞれの情報の単位が異なるので,直接比較できないですね・・・.レンズの厚さとか正確にわかれば比較できるのでしょうが,ここではあまり触れないことにします.

表1 比較表
  ワンデーアキュビュー
モイスト[1,2]
フォーカスデイリーズ
アクア[3]
直径 14.2mm 13.8mm
ベースカーブ 9.0 8.6mm
含水率 58% 69%
酸素透過性能 酸素透過率(Dk/L値)
33.3×10-9
(cm・mLO2/sec・mL・mmHg)
測定条件35℃
酸素透過係数
26×10-11 (cm2/
sec)・(mLO2/mL×mmHg)
[1] http://acuvue.jnj.co.jp/product/moist/index.htm
[2] 箱記載のデータ
[3] 添付の説明書


【パッケージ】
 ワンデーアキュビューモイストもフォーカスデイリーズアクアも,密閉された容器に入っています.ともに5枚つづりになっています.
 ワンデーアキュビューモイストのパッケージはフォーカスデイリーズアクアのパッケージに比べて若干大きめです.しかも4隅が角ばっているので余計に大きく見えます.
 4隅が角ばっているため,この部分で痛い思いをすることが何度もあります.特にホイル部が鋭角状に尖るため,何らかのタイミングで指を切るかもしれません.
 ホイル部分はフォーカスデイリーズアクアのパッケージの方がはがしやすいです.アクアのパッケージは剥がす時に力のかかる部分が工夫されていると思います.

 【表裏の確認のしやすさ】
 ワンデーアキュビューモイストには,表裏を確認するためのマークがあります.デイリーズアクアにはありません.デイリーズアクアは裏だった時にそれが分りにくい気がします.注意深く確認してから装着するようにしているのですが,後になって一時的に取り外して裏返し,改めて装着してみると不快感が取れたことが何度かあります.(この様な再装着は,両レンズ共に禁止されています.)


図2 ワンデーアキュビューモイスト


図3 フォーカスデイリーズアクア
【形状の安定度】
 図2はワンデーアキュービューモイストを横から撮影したものです.アキュビューモイストはデイリーズアクアに比べてペラペラとしていて,非常にやわらかい印象です. 写真では分りにくいかもしれませんが,ポールに乗っかっている部分が自らの重さで内側に沈みこんでいます.
一方デイリーズアクアは図3のように形状が殆ど変化しません.

【装着のしやすさ】
 慣れの問題だと思いますが,一長一短です.
 ワンデーアキュビューモイストは表裏の確認がしやすいので間違えることがありません.しかし,とてもやわらかいので,水分(保存液)が多くレンズについていると,レンズが折りたたむようにくっ付いてしまったり,指の上で安定してくれません.目に載せようとしても,指に乗っている部分が少し内側にへこむので,レンズ形状と目の形状が平行にならず(レンズのカーブが眼球のカーブに合わない),レンズの縁側から滑らすように装着する感じになります.
 一方,デイリーズアクアは指の上に載せても形状が安定していますので,目と平行にレンズを近づければ自然に装着できます.しかし,先に述べたように表裏が確認しにくい欠点を感じています.

【装着中の印象】
 これも慣れの問題だと思います.あるいは眼球のカーブの度合いによっても個人差があるでしょう.ワンデーアキュビューモイストは直径が大きいこともあって,目の覆われ感が強い気がします.レンズの動きもデイリーズアクアの方がスムーズな気がします.しかしこの点は,ベースカーブの個人差もあるので一概に両製品の良し悪しを判断できません.
 乾きやすさについてはそれほど違いを感じていません.ただ,デイリーズのほうが調子悪くなりやすい気がします.形状が安定している分,異物感を感じやすいのかもしれません.


図4 比較開始
左=ワンデーアキュビューモイスト,右=フォーカスデイリーズアクア


図5 10分後
【乾きやすさ】
 これについては,簡単な実験をしてみました.図5は2つのレンズをポール上に置き,10分経過した後の状態です.写真だと分りにくいですが,フォーカスデイリーズアクアの縁の部分が内側に向かって一回り小さくなってきました.含水率ではフォーカスデイリーズアクアの方が上ですが,本実験ではフォーカスデイリーズアクアのほうが乾きやすいという結果になりました.
 ただし,実際にレンズを装着している時は,レンズの外側,つまり本実験においてレンズを支えているポールの部分が最も乾燥しやすいはずです.むしろレンズの縁は,一番乾燥しにくい場所であるはずです.この実験では,本来最も乾きやすい部分がポールによって隠れてしまいました.その意味では,本実験方法は装用時の状況を再現するには不適切だったかもしれません.

【取り外しやすさ】
 私はレンズと取り外すとき,人と指し指と親指の腹でつまむように取り外します.この方法だとワンデーアキュビューモイストの方が圧倒的に取り外しやすいです.フォーカスデイリーズアクアは,レンズ表面がツルツルしていて,なかなか取り外せないことがあります.

【その他】
 ワンデーアキュビューモイストには紫外線吸収機能があります.白内障の原因として紫外線による影響が指摘されており,コンタクトレンズによる紫外線吸収機能は目の健康を考える上でアドバンテージがあります.

【まとめ】
 以上のように考察してきましたが,どちらのレンズにも一長一短があります.最後に述べた紫外線吸収機能を意識すると,ワンデーアキュビューモイストの方が有利に思いますが,若干高めに価格設定されているように思います.一方,パッケージの扱いやすさについてはフォーカスデイリーズアクアの方が勝っており,その点は携帯時などにおいて影響してくるでしょう.

 いかがでしたか?何かの参考になれば幸いです.アキュビューシリーズは,メーカーによる通信販売「アイケアサービス」も行われています.アイケアサービスは医師による定期検査をもとにコンタクトレンズを購入できる仕組みで,安心して利用できるサービスです.私も利用しています.(2008-04-08 17:58 一部修正)


◇ブログランキング参加中◇ ブログランキング・にほんブログ村へ
少しでもお役に立てたようでしたら応援クリックをお願いします.右のアイコンをクリックしていただくと10ポイントが加算されてランクが上がり,より多くの方に本ブログを知っていただくことができます.クリックすると日本ブログ村のホームページが表示されます.
posted by みっちぃ (管理人) at 09:00| Comment(5) | TrackBack(3) | 知恵袋