本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年04月16日

研究室サーバへメモリ増設(予定)

 研究室のサーバは今3GBのRAMを積んで,その上で仮想ゲストが4台稼動している.仮想ゲストは,(1)研究室のファイルサーバ兼開発用Tomcatサーバ,(2)RDBMS用サーバ,実験用の(3)Tomcatサーバ,(4)エージェントリポジトリサーバである.これらのサーバをわざわざ分ける必要があるのか?という疑問もあるが,1と2は学外網から離しておきたいし仕様変更も多い.実験用の3と4は実運用に相当するもので,学外からのアクセスもある.よって,必要最低限の役割に制限するとともに,セキュリティレベルを上げておきたい.そんな理由からサーバを幾つか立てたいのだが,残念なことにハードウェアを買う予算がないので,仮想化を使って1台のマシンに詰め込んでいるのだ.それに,システム負荷が増えるのは授業中などの限られた時間帯なので,この方がハードウェア利用効率的が高いことにもなる.
 今,新しい研究プロジェクトを2つ立ち上げようとしている.そのうち1つは現状の構成で問題ないのだが,もう1つの研究ではエージェントリポジトリにアサインしているメモリ容量を増やしたい.そのためには,物理サーバのメモリ容量を増やしたい.しかし,残念なことに追加メモリを購入する余裕も私の研究室にはない.今年度,3〜4つの学会発表を予定しているため,すでに自分の分の研究費は赤字が見込まれているのだ.(というか,機材の購入も国外発表も予定していないのに,既に赤字が見込まれるという研究費がショボ過ぎる・・・.)
 結局,自費でメモリを購入することにした.それと引換えに,自宅マシンのRAIDコントローラを手放すことに・・・.こうするしか(費用を捻出する)方法はなかった.ホットスワップにも対応していて,しかも6chもあるS-ATAのRAIDカードだったのだが・・・.まぁ,ミラーリングしかしていなかったのでICH7Rで十分か.でも,ちょっと寂しいなぁ〜.
 自宅のマシンはRAIDカードの取外しで,念のためバックアップを取ったり,OSの修復セットアップ(OSがインストールされているディスクのコントローラが変わるために必要だった)したり,RAIDをICH7Rで再構築したりと1日作業になってしまった.論文の修正をしたかったのに大きな時間ロスになってしまった.なんと非効率なんだろう.もとはと言えば研究費が少なすぎることが原因.情報工学分野なんか,特に自分の分野なんか他の工学分野に比べて設備費は安いと思う.もう少し予算を割いてくれないかなぁ〜.
posted by みっちぃ (管理人) at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の研究