本ブログの更新について

 本ブログの更新は2016年3月31日をもって終了しました.ありがとうございました.
posted by みっちぃ (管理人)

2007年03月18日

冷めたフライドポテトをおいしく食べるコツ

 冷めたフライドポテトは電子レンジで温めても食感が悪く,風味も悪くて決しておいしくありません. 検索エンジンで調べてみると,美味しく食べるために色々と試行錯誤されているのが分ります. しかし,カレーやグラタンに活用したりするなどの手間のかかる調理方法がほとんどです. もっと手軽に美味しく食べる方法がないものかと少し悩んでみたところ,次の2つを考えつきました.私もまだ試行錯誤中ですが,ぜひ試してみてくださいね.

(1)加熱の時間
 冷めたフライドポテトを電子レンジで温めるとき,通常は600Wで1〜2分ぐらいではないでしょうか. そこを,さらに2分前後かそれ以上(計3〜4分ぐらい)加熱してみてください. このとき,平たい皿にクッキングペーパーなどを引いて,その上で冷めたフライドポテトをラップをせずに温めるとよさそうです. 十分に温まった(ポテトが揚げたての時と同じような音をたてている)とき加熱を止めます.

(2)加熱の時間
 (1)の方法のまま,ポテトの色に注意しながらさらに電子レンジで加熱します. 色がキツネ色になりだす直前に加熱を止めて取り出します. すると,カ○ビーのじ○が○このようにカリカリとしたスティック状になります. 加熱を止めるタイミングが遅れると焦げて苦くなってしまいますので要注意.

 要は電子レンジで思いっきり加熱すれば,それなりに美味しくいただけるようになるということです. ショートニングで揚げたフライドポテトは,冷えるとポテト全体にしみこんだ油分が固まります. 通常の感覚で電子レンジを使うと,ポテトに残ったの水分だけが温まる形になり油分まで十分に温まりません. そのため食感や風味が悪いのだと思うのです. レンジから取り出した時にすぐに冷えてしまうことも,パサパサ感が残ってしまう理由だと思われます.
 ですから,実際に揚げたときと同じような温度にまで加熱してやればよいのです. そのためには,冷えたおかずを温める感覚よりも長い時間の加熱をしてやります. 油分が十分に加熱されるとポテトの表面は艶やかになってくると思います. これは水分が出てきたのではなく,冷えて固まっていた油分が液化してきたということです. 十分に加熱してやれば,レンジから出した時も冷えるまで多少の余裕があります.
 以上の理屈から,(2)を思いつきました. 冷めたフライドポテトを加熱し続けると,油分より先に水分が蒸発するのでポテトはカリカリになるはずです. 実際に試したところ考えは的中しました. 加熱を止めるタイミングは難しいですが,ぜひとも試して欲しい方法です.

 お店でのポテトの揚げ具合や冷え方(冷まし方)によっては,上記方法でも美味しくないかもしれません. また,加熱しすぎると発火の恐れもあるかもしれませんので十分にご注意ください.
 
posted by みっちぃ (管理人) at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 知恵袋